Jakarta Turbine

Turbine is a servlet based framework that allows experienced Java developers to quickly build secure web applications. Parts of Turbine can also be used independently of the web portion of Turbine as well. In other words, we strive to make portions of Turbine easily available for use in other applications.

Turbine は経験の豊かな Java 開発者が、迅速に頑丈なWebアプリケーションを構築することが出来るサーブレットベースのフレームワークです。Turbine の一部はTurbine の Web 部分とは切り離して使用することができます。私たちはTurbineの一部を他のアプリケーションで簡単に使用可能とするための努力をしています。

Turbine is developed in an open and participatory environment and released under the Apache Software License. Turbine is intended to be a collaboration of the best-of-breed developers from around the world. We invite you to participate in this open development project. To learn more about getting involved, click here.

Turbine はオープンであり、そしてparticipatory environment(訳者:参加型環境?)で開発されています。Apacheソフトウェアライセンスの下でリリースが行われます。Turbine は世界各国からの best-of-breed(訳者:最善の?)開発者の協力を意図しています。私たちはあなたがこのオープン開発プロジェクトに加わることを希望します。関係する方法についてもっと学ぶために、ここをクリックして下さい。

Turbine Versions

There are several versions of Turbine currently available for download.

ここで Turbine の各バージョンが、現在ダウンロード利用できるかについて言及します。

Turbine 2.1. Turbine 2.1 is the current production quality release.

Turbine 2.1Turbine 2.1は現在の製品レベルの品質のリリースです

Turbine 2.2. Turbine 2.2.x will be the next official release. It will include some new features and bug fixes.

Turbine 2.2Turbine 2.2.x は次の公式リリースであるでしょう。それはいくつかの新機能とバグ修正を含みます

Turbine 3.0. Turbine 3.x is the development tree, has not been scheduled for release, and is not (yet) recommended for use in a production environment.

Turbine 3.0Turbine 3.0。Turbine 3.x は開発木で、リリースの予定はありません、そして製品環境での使用には ( まだ ) 推薦されません

Turbine Status

Torque (persistence layer) and Fulcrum (service framework) were decoupled from Turbine and have their own cvs repositories now.

Torque ( 永続性レイヤ ) と Fulcrum ( サービスフレームワーク ) は Turbine から独立しました。そして現在彼ら自身の cvs リポジトリを持っています。

Additions will be made to the 2.2 and 3.0 sources so that Torque and Fulcrum will be pluggable subsystems so that 2.2 users and 3.0 users can take advantage of the decoupled Torque and Fulcrum.

2.2のユーザと3.0のユーザが 独立性を持ったTorque と Fulcrum を利用することが出来るよう、Torque と Fulcrum が追加可能なサブシステムとなるような追加は、2.2と3.0のソースに行われることになるでしょう。

At this point all versions of Turbine will be able to use the decoupled Torque and Fulcrum. Everything will work as expected for people using the old Torque and Fulcrum but development will stop and people will be strongly encourage to migrate. A migrator will be provided. For Torque a regeneration of your OM classes should do the trick but the migrator should take care of the rest. Moving services over to Fulcrum will definitely require the migrator.

現時点では、Turbineのすべてのバージョンは独立した Torque と Fulcrum を使うことができるでしょう。古い Torque と Fulcrum を使った開発を止めて、 移行することを強く促進します。移行の方法が提供されるでしょう。 Torque のための OM クラス(訳者:Object Modelクラス)の再生の目的を達するべきだが 移行は残りの処理をするべきです。(訳者:Help) Fulcrumの上にサービスを移行することでは、明確に移行が要求されるでしょう。