Apache Software Foundation | Jakarta Project | Apache Tomcat
はじめに

この文書では、「せっかちな人」のために、Web サーバ側で JK が使用する設定ファイルについて説明します。

  • workers.properties は必須のファイルで、Web サーバによって使われます。 すべての JK の実装(Apache/IIS/NES)で同じファイルを使用します。
  • Web サーバ側に導入する Webサーバごとの アドオン。

ここでは、最小限のサーバの設定と、インストールと設定の確認がすぐに出来る workers.properties の例を示します。


最小限の workers.properties

以下に、最小限の workers.properties を示します。Apache Web サーバと Tomcat エンジンとの接続に ajp13 だけを使っています。完全な文書は Tomcat のワーカの手引き にあります。

# ajp13 を使用する 1 つのワーカを定義
worker.list=worker1
# worker1 (ajp13) のプロパティの指定
worker.worker1.type=ajp13
worker.worker1.host=locahost
worker.worker1.port=8009
worker.worker1.lbfactor=50
worker.worker1.cachesize=10
worker.worker1.cache_timeout=600
worker.worker1.socket_keepalive=1
worker.worker1.socket_timeout=300


最小限の Apache Web サーバの設定

以下に Apache の設定に関する最小限の情報を示します。 完全な文書は Apache の手引き にあります。

まず始めに mod_jk.so (UNIX の場合)もしくは mod_jk.dll (Windows の場合) を Apache のモジュールディレクトリ(場所については Apache の文書を参照) にインストールしておく必要があります。

UNIX であれば、モジュールディレクトリは以下のような場所にあります。

  • /usr/lib/apache/
  • /usr/lib/apache2/
  • /usr/local/apache/libexec/

Windows であれば、モジュールディレクトリは以下のような場所にあります。

  • C:\Program Files\Apache Group\Apache\modules\
  • C:\Program Files\Apache Group\Apache2\modules\

ビルド済みのバイナリは ここに あります。

以下に httpd.conf ファイル内もしくは他のファイルから include して指定しなければならない最小限の設定を示します。

UNIX であれば、設定ファイルは以下のようなディレクトリにあります。

  • /etc/httpd/conf/
  • /etc/httpd2/conf/
  • /usr/local/apache/conf/

Windows であれば、設定ファイルは以下のようなディレクトリにあります。

  • C:\Program Files\Apache Group\Apache\conf\
  • C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\

# mod_jk モジュールのロード
# このパスはモジュールの場所に合わせて修正
LoadModule jk_module libexec/mod_jk.so
# <IfModule 指示子>のためにモジュールの宣言
AddModule mod_jk.c
# workers.properties の場所の指定
# このパスは conf ディレクトリの場所に合わせて修正(workers.properties は httpd.conf と一緒に置いておく)
JkWorkersFile /etc/httpd/conf/workers.properties
# JK のログファイルの場所の指定
# このパスは logs ディレクトリの場所に合わせて修正(mod_jk.log は access_log と一緒に置いておく)
JkLogFile /var/log/httpd/mod_jk.log
# JK のログレベルの指定[debug/error/info]
JkLogLevel info
# ログ書式の設定
JkLogStampFormat "[%a %b %d %H:%M:%S %Y] "
# SSL KEY SIZE を送信するように JkOptions を指定
JkOptions +ForwardKeySize +ForwardURICompat -ForwardDirectories
# JkRequestLogFormat でリクエストの書式を指定
JkRequestLogFormat "%w %V %T"
# すべての /examples コンテキストに対するリクエスト worker1 (ajp13) へ送信
JkMount /examples/* worker1


最小限の Domino Web サーバの設定

完全な文書は、 Domino の手引き にあります。

このパラグラフはまだありません。ですから、あなたが貢献できるところです。


最小限の IIS Web サーバの設定

完全な文書は、 IIS の手引き にあります。

このパラグラフはまだありません。ですから、あなたが貢献できるところです。


最小限の NES/iPlanet Web サーバの設定

完全な文書は、 Netscape/iPlanet の手引き にあります。

このパラグラフはまだありません。ですから、あなたが貢献できるところです。


行った設定のテスト

Web サーバを(再)起動して、ブラウザで http://localhost/examples/ をアクセスしましょう。


[訳注: これは鰈崎 義之が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば、こちらに送って下さい。]