org.apache.struts.action
クラス ActionMessage

java.lang.Object
  拡張org.apache.struts.action.ActionMessage
すべての実装インタフェース:
java.io.Serializable
直系の既知のサブクラス:
ActionError

public class ActionMessage
extends java.lang.Object
implements java.io.Serializable

ActionFormvalidateメソッドにより返される、 特定メッセージをカプセル化します。 メッセージテキストの中で変数で置き換えるために使用できるプレースホルダオブジェクトを、 合わせて4つまで持つメッセージキーから成ります。 (このメッセージキーは、 適切なメッセージリソースデータベース中のメッセージテキストを調べるために使用されます。)

導入されたバージョン:
Struts 1.1
バージョン:
$Revision: 1.4 $ $Date: 2005/02/11 03:24:03 $
関連項目:
直列化された形式
翻訳者:
棚澤 昌幸
校正者:

フィールドの概要
protected  java.lang.String key
          このメッセージのメッセージキー。
protected  java.lang.Object[] values
          このメッセージの代替値。
 
コンストラクタの概要
ActionMessage(java.lang.String key)
          置き換える値のないアクションメッセージを構成します。
ActionMessage(java.lang.String key, java.lang.Object value0)
          指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。
ActionMessage(java.lang.String key, java.lang.Object[] values)
          指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。
ActionMessage(java.lang.String key, java.lang.Object value0, java.lang.Object value1)
          指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。
ActionMessage(java.lang.String key, java.lang.Object value0, java.lang.Object value1, java.lang.Object value2)
          指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。
ActionMessage(java.lang.String key, java.lang.Object value0, java.lang.Object value1, java.lang.Object value2, java.lang.Object value3)
          指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。
 
メソッドの概要
 java.lang.String getKey()
          このメッセージのメッセージキーを取得します。
 java.lang.Object[] getValues()
          このメッセージの代替値を取得します。
 java.lang.String toString()
          key[value1, value2, etc]:書式の文字列を返します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

key

protected java.lang.String key

このメッセージのメッセージキー。


values

protected java.lang.Object[] values

このメッセージの代替値。

コンストラクタの詳細

ActionMessage

public ActionMessage(java.lang.String key)

置き換える値のないアクションメッセージを構成します。

パラメータ:
key - このメッセージのメッセージキー

ActionMessage

public ActionMessage(java.lang.String key,
                     java.lang.Object value0)

指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。

パラメータ:
key - このメッセージのメッセージキー
value0 - 最初に置き換える値

ActionMessage

public ActionMessage(java.lang.String key,
                     java.lang.Object value0,
                     java.lang.Object value1)

指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。

パラメータ:
key - このメッセージのメッセージキー
value0 - 最初に置き換える値
value1 - 2番目に置き換える値

ActionMessage

public ActionMessage(java.lang.String key,
                     java.lang.Object value0,
                     java.lang.Object value1,
                     java.lang.Object value2)

指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。

パラメータ:
key - このメッセージのメッセージキー
value0 - 最初に置き換える値
value1 - 2番目に置き換える値
value2 - 3番目に置き換える値

ActionMessage

public ActionMessage(java.lang.String key,
                     java.lang.Object value0,
                     java.lang.Object value1,
                     java.lang.Object value2,
                     java.lang.Object value3)

指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。

パラメータ:
key - このメッセージのメッセージキー
value0 - 最初に置き換える値
value1 - 2番目に置き換える値
value2 - 3番目に置き換える値
value3 - 4番目に置き換える値

ActionMessage

public ActionMessage(java.lang.String key,
                     java.lang.Object[] values)

指定された置き換える値を持つアクションメッセージを構成します。

パラメータ:
key - このメッセージのメッセージキー
values - 置き換える値の配列
メソッドの詳細

getKey

public java.lang.String getKey()

このメッセージのメッセージキーを取得します。


getValues

public java.lang.Object[] getValues()

このメッセージの代替値を取得します。


toString

public java.lang.String toString()

key[value1, value2, etc]:書式の文字列を返します。

関連項目:
Object.toString()


このドキュメントは、Ja-Jakartaにより訳されました。コメントがある場合は、report@jajakarta.orgまでお願いします。
Copyright (C) 2000-2004 - Apache Software Foundation