Strutsフレームワーク
ようこそ
トップページ
キックスタートFAQ
ユーザガイド
リソース
私たちは誰でしょう
ダウンロード
バイナリ
ソースコード
はじめよう
インストール
リリースノート
APIドキュメント
メーリングリスト
バグ データベース
開発者ガイド
Beanタグ
HTMLタグ
Logicタグ
Templateタグ
Digester
Utilities
タグライブラリ ドキュメント
Beanタグ
HTMLタグ
Logicタグ
Templateタグ
現在の開発
インストール(ナイトリビルド)
リリースノート(ナイトリビルド)
APIドキュメント(ナイトリビルド)
ワークフローの提案
TODOリスト
ようこそStruts 1.0.2へ

Strutsフレームワークへようこそ! このプロジェクトのゴールは、 Java ServletJavaServer Pages (JSP)の技術を用いて Webアプリケーションを構築する上で有用な、オープンソースフレームワークを提供することです。 Strutsは、さまざまなServletやJSPに関するメーリングリストで議論されている、 Model 2と呼ばれるモデル-ビュー-コントローラ(MVC) デザインパラダイムをベースとしたアプリケーションアーキテクチャを採用しています。

Strutsには、下記のような主要機能があります。:

  • コントローラーServlet。リクエストを、アプリケーション開発者が提供する適切なActionクラスに割り付けます。
  • コントローラーServletにおけるJSPカスタムタグライブラリ関連のサポート。開発者が対話的なフォームベースのアプリケーションを作成するのをサポートします。
  • ユーティリティクラス。XMLのパース、 JavaリフレクションAPIをベースとしたJavaBeansプロパティの自動設定、 メッセージやプロンプトの国際化などをサポートします。

Strutsは、Apache Software Foundationに 支援されているJakarta プロジェクトの一部です。 Strutsの公式ホームページは http://jakarta.apache.org/strutsです。

Strutsについて学ぶ

キックスタートFAQは、 Strutsに関する一般的な質問に答えてくれます。

簡潔なユーザガイドが、ディストリビューション と供に提供されています。ユーザガイドでは、まず「モデル - ビュー - コントローラ」アーキテクチャを紹介し、 Strutsの主要コンポーネントとどのように関わるのかを説明します。 Strutsタグ拡張機能やユーティリティパッケージを使い始めるための助けになる、デベロッパガイドも 提供されています。

特定のクラスやパッケージの詳細については、StrutsのJavadocs が包括的であり、念入りにメンテナンスされています。重要な機能やオプションを見落とすことのないように、 使おうとするクラスのJavadocを参照することを、強くお薦めします。 知らないものを、使うことはできません。

もちろん、唯一の真のドキュメントはコードそれ自身です。もし、Strutsの実際の動作についてしりたいのなら、 ためらわずにソースコードを利用してください。完全なビルド可能なStrutsフレームワーク全体のソースコードは、 Struts 1.0.2 source distribution の"src"フォルダを見てください。

リソースページでは、書籍や記事、チュートリアルや サンプルアプリケーションなど、Struts関するあらゆる情報へのリンクが提供されています。 ここには、"Powered by Struts"の一般のサイトへのリンクもあります。

Strutsの入手

Struts 1.0.2プロダクションリリースでは、 便利なバイナリディストリビューションも、完全なソースコードも供に利用可能です。 さらに、「ライブラリディストリビューション」も利用可能です。これはサンプルアプリケーションを省いた最新のStrutsバイナリで、ダウンロードサイズを小さく、時間を短くします。 。

Struts 1.0.1 からの変更のサマリを、リリースノート でチェックしてください。

ナイトリービルド

Strutsの開発を助けてくれる開発者、また単に最新版が欲しい方のために、 最新の開発バージョンが毎朝利用可能になります。ご自分の責任で利用してください!

  • Anonymous CVSから、ソースディレクトリをダウンロードする
  • ここから、ナイトリーバイナリディストリビューションをダウンロードする
  • ここからナイトリーソースディストリビューションをダウンロードする

StrutsのCVSソースリポジトリは、 WEBブラウザCVSクライアントの両方からアクセスできます。

Strutsのディストリビューションの他に、 前提となるソフトウェアの全てを ダウンロードしてインストールする必要があります。 そして、 適切な手順に従ってソースディストリビューションからStrutsを作るか、あるいはStrutsバイナリディストリビューションのインストールと利用をしてください。

バグレポートと機能リクエスト

Strutsに関してのバグ追跡レポートと、新しい機能のリクエストは http://nagoya.apache.org/bugzilla/に集められています。 プロダクトリストからStrutsを選択してください。 Strutsのどのコンポーネントに関してレポートするのか、 また動作環境の詳細も一緒に 選択してください。 バグレポートの変更状況は電子メールによって、あなたに自動的に通知されます。

さらに深く

今後のStrutsの開発への貢献を含めて、Strutsコミュニティに参加するいくつかのリソースがあります。 以下のリソースをチェックしてください:

  • STRUTS-USER メーリングリスト - Strutsを自分たちのアプリケーションに利用している他の開発者とコミュニケーションを取るためには、このメーリングリストに登録してください。 Strutsのインストールや個々の機能の使い方に関しての質問も含まれています。 [登録] [登録解除]
  • STRUTS-DEV メーリングリスト - Strutsのサポートする機能を拡張・改良することに興味を持っている他の開発者とコミュニケーションをとるためには、 このメーリングリストに登録してください。 [登録] [登録解除]
  • バグレポートと機能リクエストこれらを報告するためには バグレポートシステム を利用してください。
  • パッチとモジュール - STRUTS-DEVメーリングリストに送信 することにより、パッチや新しいモジュールを寄稿することができます。 議論され受け入れられたのち、コミッタの一人がStrutsのソースコードに (もちろん、あなたの署名付きで)あなたの寄稿を追加するでしょう。
  • コミッタになる -もし、あなたがStruts開発に直接貢献し、 CVSソースリポジトリへのコミットアクセスを行いたいのなら、 このプロジェクトのコミッタに指名される(または自分で指名する)ことができます。 どうやってコミッタと認められるか、そのルールは Jakarta web サイトに掲示されています。

[訳注: これは芦沢 嘉典が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば、report@jajakarta.orgに送って下さい。]
Copyright (c) 2000-2002, Apache Software Foundation