The Ja-Jakarta Project
Apache Jakarta Project

日本語訳のダウンロード

現在、以下の日本語訳がダウンロードできます。 なお、この配布物は、The Apache Software Licenseに基づいています。

Commons日本語APIドキュメント
FileUpload v1.0 (2004年05月24日版)
Logging v1.0.3 (2004年05月24日版)
Velocity日本語ドキュメント
Velocity1.3.1 (2005年03月20日版)
Velocity1.2 (2003年10月3日版)
JK2コネクタ日本語ドキュメント
JK2 2.0.2 (2003年4月26日版)
Servlet & JSP API日本語ドキュメント
Tomcat 4.0 (Servlet 2.3 & JSP 1.2)
Ant日本語ドキュメント
Ant 1.2 (2001年11月18日版)
JMeter1.8.1日本語リソース
JMeter 1.8.1 日本語リソース (2003年08月09日版)
Log4j日本語ドキュメント
Log4j 1.1.1 (2001年05月31日版)
Regexp日本語APIドキュメント
Regexp 1.2 (2001年05月31日版)
Struts日本語ドキュメント
Struts 1.1 (2003年9月2日版)
Struts 1.0.2 (2003年4月17日版)
Taglibs1.0日本語ドキュメント
Taglibs 1.0 日本語ドキュメント(2003年09月02日版)
Standard Taglib 1.0 日本語ドキュメント(2003年09月02日版)
Standard Taglib 1.0 付属例題の日本語版(2003年09月02日版)
Tomcat日本語ドキュメント
Tomcat 3.2.3 (2001年11月18日版)
Tomcat 3.2.2 (2001年05月31日版)
Tomcat 3.2.1 (2001年01月18日版)

Tomcat日本語化キットをインストールしている場合には、TOMCAT_HOMEにインストールすれば、 ルートページからクリックできるようになります。

Tomcat日本語化キット

これは、Tomcat 3.2のメッセージ、およびエラーメッセージの日本語表示を可能にするものです。 開発時のエラーメッセージを日本語化するためには便利だと思いますが、Tomcat 3.2の国際化の問題を完全に解決できていないので、実際の運用には使用しないでください。

日本語訳されたメッセージ(JSPのエラーメッセージも日本語訳されます)と、修正されたクラスファイル(TOMCAT_HOME/classesにインストールし、先にロードされます)、ルートページの日本語版が含まれています。

Tomcat 3.2.2 (2001年05月31日版)
Tomcat 3.2.1 (2001年01月18日版)

インストール手順

  1. JAR/TAR.GZ/ZIPファイルをダウンロードします。
  2. すでにROOT.warが展開されている必要があります。 Tomcatをまだ一度も起動したことがない場合には、一度起動してから終了してください。
  3. Tomcatをインストールしたディレクトリに移動します。
  4. アーカイブを展開します(クラスファイルとプロパティファイルはclassesディレクトリに、日本語のドキュメントルートがwebapps/ROOT/にインストールされます)。
  5. Tomcatを再起動します。

注意: ドキュメントのルートページが日本語にならない場合には、ブラウザの言語を"ja"に設定してください。

Tomcat日本語例題
Tomcat 3.2.2 (2001年05月31日版)

インストール手順

  1. WARファイルをダウンロードします。
  2. TOMCAT_HOME/webappsディレクトリに置きます。
  3. Tomcatを再起動します。
  1. TOMCAT_HOMEは、Tomcatをインストールしたディレクトリのことです。 一般的には、/usr/local/jakarta-tomcatにインストールします。

Copyright © 1999-2004, The Ja-Jakarta Project