org.apache.regexp
クラス REProgram

java.lang.Object
  |
  +--org.apache.regexp.REProgram

public class REProgram
extends java.lang.Object

コンパイル済みの正規表現をもつクラスです。 このクラスは、主に recompile ユーティリティが使用するために公開されています (前もってコンパイルされたREProgramオブジェクトを作るのに役に立ちます)。 しかし、このクラスを直接実行する必要はありません。

バージョン:
$Id: REProgram.html,v 1.2 2003/03/02 22:59:55 tora Exp $
作成者:
Jonathan Locke
関連項目:
RE, RECompiler

コンストラクタの概要
REProgram(char[] instruction)
          
REProgram(char[] instruction, int lenInstruction)
          
 
メソッドの概要
 char[] getInstructions()
          
 void setInstructions(char[] instruction, int lenInstruction)
          
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

REProgram

public REProgram(char[] instruction)
文字列からプログラムオブジェクトを作成します。
instruction - REのオプコードインストラクションが入っている文字列

REProgram

public REProgram(char[] instruction,
                 int lenInstruction)
文字列からプログラムオブジェクトを作成します。
instruction - REのオプコードインストラクションが入っている文字列
lenInstruction - 使用するインストラクション配列の大きさ
メソッドの詳細

getInstructions

public char[] getInstructions()
プログラムを実行するのに適当な長さの文字列になっている、 実行時の正規表現プログラムのコピーを返します。 コンパイルされたプログラムがない場合、getInstructions()はnullを返します。

setInstructions

public void setInstructions(char[] instruction,
                            int lenInstruction)
実行する新しい正規表現プログラムを設定します。 このメソッドにより、コンパイル時に特別に検索の最適化を行います。 現在、二つの最適化が行われます - ひとつは(適当にメモリ割り当てが行われるように) 後方参照のチェックをします。もうひとつは、実際のプログラムを実行することなく、 たくさん入力されたものをできる限りスキップできるように、 接頭辞のアンカー文字列を探し出そうとします。
instruction - プログラムのインストラクションバッファ
lenInstruction - 使用するインストラクションバッファの長さ


Copyright © 2001 Apache Software Foundation. All Rights Reserved.
[訳注:これは、網野勉が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば、report@jajakarta.orgに送って下さい。]