org.apache.log4j.examples
クラス NumberCruncherServer

java.lang.Object
  |
  +--java.rmi.server.RemoteObject
        |
        +--java.rmi.server.RemoteServer
              |
              +--java.rmi.server.UnicastRemoteObject
                    |
                    +--org.apache.log4j.examples.NumberCruncherServer
すべての実装インタフェース:
NumberCruncher, Remote, Serializable

public class NumberCruncherServer
extends UnicastRemoteObject
implements NumberCruncher

A simple NumberCruncher implementation that logs its progress when factoring numbers. The purpose of the whole exercise is to show the use of nested diagnostic contexts in order to distinguish the log output from different client requests.

数字を因数分解する時の過程のログを採取する単純な NumberCruncher の実装です。 全ての演習の目的は、ログの出力と異なるクライアントの要求を区別するためにネスト化診断コンテキストを使うことにあります。

Usage: java org.apache.log4j.examples.NumberCruncherServer configFile
      where configFile is a log4j configuration file.

使用方法: java org.apache.log4j.examples.NumberCruncherServer configFile
      configFileは、log4j の設定ファイルです。
We supply a simple config file factor.lcf for directing log output to the file factor.log.

私たちは、factor.log ファイルに直接ログ出力するため 単純な設定ファイル factor.lcf を与えます。

Try it yourself by starting a NumberCruncherServer and make queries from multiple NumberCruncherClients to factor numbers.

NumberCruncherServerを起動することであなた自身でそれを試すことができます。 そして、数字を因数分解するために、複数の NumberCruncherClients からクエリーを発行します。

Sample output shows the log output when two clients connect to the server near simultaneously.

サンプルの出力 は、2つのクライアントがほぼ同時にサーバへ接続した時のログ出力を示します。

See source code of NumberCruncherServer for more details.

さらに詳細は、ソース・コードを参照してください。

Note that class files for the example code is not included in any of the distributed log4j jar files. You will have to add the directory /dir-where-you-unpacked-log4j/classes to your classpath before trying out the examples.

サンプルコードのクラスファイルは、配布されている log4j の jar ファイルに含まれていないことに注意してください。 あなたは、このサンプルを試そうとする前に、あなたのクラスパスにディレクトリ あなたがlog4jを展開したディレクトリ/classes を追加する必要があります。

関連項目:
直列化された形式

クラス java.rmi.server.RemoteObject から継承したフィールド
ref
 
コンストラクタの概要
NumberCruncherServer()
           
 
メソッドの概要
static void delay(int millis)
           
 int[] factor(int number)
          Factor a positive integer number and return its distinct factor's as an integer array.
static void main(String[] args)
           
 
クラス java.rmi.server.UnicastRemoteObject から継承したメソッド
clone, exportObject, exportObject, exportObject, unexportObject
 
クラス java.rmi.server.RemoteServer から継承したメソッド
getClientHost, getLog, setLog
 
クラス java.rmi.server.RemoteObject から継承したメソッド
equals, getRef, hashCode, toString, toStub
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

NumberCruncherServer

public NumberCruncherServer()
                     throws RemoteException
メソッドの詳細

factor

public int[] factor(int number)
             throws RemoteException
インタフェース NumberCruncher の記述:
Factor a positive integer number and return its distinct factor's as an integer array.

正の整数 number を因数に分解し、取り出された 因数が整数の配列になるよう返します。

定義:
インタフェース NumberCruncher 内の factor

delay

public static void delay(int millis)

main

public static void main(String[] args)


Please notify me about new log4j releases.