パッケージ org.apache.commons.dbcp.cpdsadapter

このパッケージは古い Driver ベースの JDBC の実装に適用するための ConnectionPoolDataSource (CPDS) を実装した1つの public クラスを持ちます。

参照:
          説明

クラスの概要
DriverAdapterCPDS ConnectionPoolDataSource の実装は持っていないが DriverManager の実装は持っているJDBCドライバのためのアダプタです。
 

パッケージ org.apache.commons.dbcp.cpdsadapter の説明

このパッケージは古い Driver ベースの JDBC の実装に適用するための ConnectionPoolDataSource (CPDS) を実装した1つの public クラスを持ちます。 catalina サーブレットコンテナ(Tomcat3.3以降)の JNDI 経由で CPDS を利用するための例を以下に示します。

server.xml 内の <Context> の配下に以下の記述を追加してください:


 <Resource name="jdbc/bookstoreCPDS" auth="Container"
            type="org.apache.commons.dbcp.cpdsadapter.DriverAdapterCPDS"/>
  <ResourceParams name="jdbc/bookstoreCPDS">
    <parameter>
      <name>factory</name>
      <value>org.apache.commons.dbcp.cpdsadapter.DriverAdapterCPDS</value>
    </parameter>
        <parameter><name>user</name><value>root</value></parameter>
        <parameter><name>password</name><value></value></parameter>
        <parameter>
            <name>driver</name>
            <value>org.gjt.mm.mysql.Driver</value></parameter>
        <parameter>
             <name>url</name>
             <value>jdbc:mysql://localhost:3306/bookstore</value>
        </parameter>

  </ResourceParams>

web.xml に以下の記述を追加してください。 これらの要素の順番はサーブレット定義のDTD宣言に従わなくてはいけないことに注意してください:

<resource-ref>
  <description>
    Resource reference to a factory for java.sql.Connection
    instances that may be used for talking to a particular
    database that is configured in the server.xml file.
  </description>
  <res-ref-name>
    jdbc/bookstoreCPDS
  </res-ref-name>
  <res-type>
    org.apache.commons.dbcp.cpdsadapter.DriverAdapterCPDS
  </res-type>
  <res-auth>
    Container
  </res-auth>
</resource-ref>

Catalina は java:comp/env ネームスペース内にも同様に設定された全てのオブジェクトをデプロイします。

翻訳者:
日置 聡


このドキュメントは、Ja-Jakartaにより訳されました。 コメントがある場合は report@jajakarta.orgまでお願いします。
Translated into Japanese by jajakarta.org. The original page is here.
Copyright (c) 2002-2003 - Apache Software Foundation