PatternSet

パターンセット

Patterns can be grouped to sets and later be referenced by their id attribute. They are defined via a patternset element, which can appear nested into a FileSet or a directory-based task that constitutes an implicit FileSet. In addition, patternsets can be defined as a stand alone element at the same level as target — i.e., as children of project as well as as children of target.

パターンを集合にまとめ、 後でそのid属性により参照できるようにすることができます。 これはpatternset要素により定義されます。 これは、 ファイルセットの子としてネストされているか、 暗黙的なファイルセットを構成するディレクトリベースのタスクに現れます。 それに加え、 patternsettargetと同じレベルの単独の要素として定義できます。 — 即ち、 targetの子と同様に projectの子としても定義できます。

Patterns can be specified by nested <include>, or <exclude> elements or the following attributes.

パターンはネストされた <include>または <exclude>要素、あるいは次の属性により指定されます。

Attribute Description
includes comma- or space-separated list of patterns of files that must be included. All files are included when omitted.
includesfile the name of a file; each line of this file is taken to be an include pattern. You can specify more than one include file by using a nested includesfile elements.
excludes comma- or space-separated list of patterns of files that must be excluded; no files (except default excludes) are excluded when omitted.
excludesfile the name of a file; each line of this file is taken to be an exclude pattern. You can specify more than one exclude file by using a nested excludesfile elements.
ネストされた excludefile 要素を使って一つ以上の除外ファイルを指定することができる。
属性 説明
includes カンマあるいは空白で区切られた選択されるファイルのパターンのリスト; 省略された場合全てのファイルが選択される。
includesfile ファイルの名前; このファイルの各行が includes パターンとして扱われる。 ネストされた includefile 要素を使って一つ以上の選択ファイルを指定することができる。
excludes カンマあるいは空白で区切られた除外するファイルのパターンのリスト; 省略された場合、(デフォルト除外ファイルを除き)何も除外しない。
excludesfile ファイルの名前; このファイルの各行が excludes パターンとして扱われる

Parameters specified as nested elements

ネストされる要素により指定されるパラメータ

include and exclude

includeexclude

Each such element defines a single pattern for files to include or exclude.

ここにあるそれぞれの要素はファイルを選択あるいは除外する一つのパターンを定義します。

Attribute Description Required
name the pattern to in/exclude. Yes
if Only use this pattern if the named property is set. No
unless Only use this pattern if the named property is not set. No
属性 説明 必須
name 選択/除外するパターン Yes
if 指定された名前のプロパティが設定された場合のみ、このパターンを使う No
unless 指定された名前のプロパティが設定されていない場合のみ、このパターンを使う No

includesfile and excludesfile

includesfileexcludesfile

If you want to list the files to include or exclude external to your build file, you should use the includesfile/excludesfile attributes or elements. Using the attribute, you can only specify a single file of each type, while the nested elements can be specified more than once - the nested elements also support if/unless attributes you can use to test the existance of a property.

自分のビルドファイルと別のファイルで、選択あるいは除外するファイルを列挙したい場合には、includesfile/excludesfile 属性または要素を使います。 この属性を使うことにより、 個々のタイプの一つのファイルだけを指定できます。 ネストした要素もまた if/unless 属性をサポートしているので、 あるプロパティが存在するかどうかテストできます。

Attribute Description Required
name the name of the file holding the patterns to in/exclude. Yes
if Only read this file if the named property is set. No
unless Only read this file if the named property is not set. No
属性 説明 必須
name 選択/除外するパターンが入ったファイル名 Yes
if 指定された名前のプロパティが設定された場合のみ、このファイルを読み込む No
unless 指定された名前のプロパティが設定されていない場合のみ、このファイルを読み込む No

patternset

Patternsets may be nested within one another, adding the nested patterns to the parent patternset.

親のパターンセットにネストされたパターンを加えることにより、 パターンセットは互いにネストすることあります。

Examples

<patternset id="non.test.sources" >
  <include name="**/*.java"/>
  <exclude name="**/*Test*"/>

</patternset>

Builds a set of patterns that matches all .java files that do not contain the text Test in their name. This set can be referred to via <patternset refid="non.test.sources"/>, by tasks that support this feature, or by FileSets.

名前にTestを含まない 全ての.javaファイルにマッチするパターンの集合を生成します。 この集合は、 この機能をサポートするタスクやファイルセットにより <patternset refid="non.test.sources"/>を使って 参照されます。

includesexcludes の属性はカンマか空白文字で区切られた複数の要素を受け付けるのに対し、 ネストされた <include> と <exclude>要素では、 name 属性が一つのパターンを保持することになっています。

The nested elements allow you to use if and unless arguments to specify that the element should only be used if a property is set, or that it should be used only if a property is not set.

ネストされた要素では、 あるプロパティが設定された場合のみその要素を使うか、または、 あるプロパティが設定されていない場合のみその要素を使うか指定するために、 if と unless 属性が使えます。

For example

例えば example

<patternset id="sources" >
  <include name="std/**/*.java"/>
  <include name="prof/**/*.java" if="professional"/>

  <exclude name="**/*Test*"/>
</patternset>

will only include the files in the sub-directory prof if the property professional is set to some value.

これは、プロパティprofessionalに何か値が設定された場合のみ、 サブディレクトリprofにあるファイルを選択します。

The two sets

次の 2 つの集合

<patternset includesfile="some-file" />

and

<patternset>
  <includesfile name="some-file" /> 
<patternset/>

are identical. The include patterns will be read from the file some-file, one pattern per line.

は、同一のものです。選択パターンは、 一行毎に一パターンとしてファイルsome-fileにより読み込まれます。

<patternset>
  <includesfile name="some-file" /> 
  <includesfile name="${some-other-file}" 
                if="some-other-file"

  /> 
<patternset/>

will also read include patterns from the file the property some-other-file points to, if a property of that name has been defined.

これは、 some-other-fileという名前のプロパティが定義された場合、 プロパティsome-other-fileが示すファイルより選択パターンを読み込みます。


Copyright © 2000-2002,2004 The Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]