build.sysclasspath

The value of the build.sysclasspath property control how the system classpath, ie. the classpath in effect when Ant is run, affects the behaviour of classpaths in Ant. The default behavior varies from Ant to Ant task.

build.sysclasspathプロパティの値は、システムクラスパス、すなわちAntが実行される場合に適用されるクラスパスが、実際にAntのクラスパスの振る舞いにどのように影響するかを制御します。デフォルトの振る舞いはAntからAntタスクまで様々です。

The values and their meanings are:
値とその意味:
only Only the system classpath is used and classpaths specified in build files, etc are ignored. This situation could be considered as the person running the build file knows more about the environment than the person writing the build file
システムクラスパスのみが使用され、ビルドファイルで記述されたクラスパスやその他のクラスパス設定は無視されます。この場合は、ビルドファイルの実行者がビルドファイルの作成者に比べて環境に対して熟知していると見なされます。
ignore The system classpath is ignored. This situation is the reverse of the above. The person running the build trusts the build file writer to get the build file right
システムクラスパスは無視されます。これはonlyの場合の逆です。ビルドの実行者はビルドファイルの作成者に対し、ビルドファイルを正しく取得したことを信頼します。
last The classpath is concatenated to any specified classpaths at the end. This is a compromise, where the build file writer has priority.
クラスパスは全ての既存のクラスパスの最後に連結されます。これはビルドファイルの作成者が優先された、一つの妥協案です。
first Any specified classpaths are concatenated to the system classpath. This is the other form of compromise where the build runner has priority.
全ての指定されたクラスパスはシステムクラスパスの最後に連結されます。これは別の形式の妥協案であり、この場合はビルドの実行者が優先されます。

Copyright © 2001-2002,2004 The Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注: これは山崎 政憲が翻訳しました.日本語訳に対するコメントがあれば、report@jajakarta.orgに送ってください]