ZipFileSet

<zipfileset> は、2つの異なる使い方のできる <fileset> の特殊な形式です。

<zipfileset> は、下に一覧したものに加えて <fileset> のすべての属性をサポートします。

Ant 1.6 より、ZipFileSet は id 属性や それを参照する refid 属性を定義することができます。

パラメタ

属性 説明 必須
prefix ファイルセット内のすべてのファイルは、アーカイブ内で指定されたパスをその先頭につけます。 No
fullpath ファイルセットで指定されたファイルを、アーカイブ内で正確に指定された場所へ置きます。 No
src アーカイブ内に抽出して含めたいコンテンツのある zip ファイルを定義するために dir 属性の代わりに使います。 No
filemode 標準的な Unix の方法でユーザ、グループ、その他のモードを定義する 3桁の8進数の文字列。単なるファイルにのみ適用します。デフォルトは、644 です。Ant 1.5.2 より No
dirmode 標準的な Unix の方法でユーザ、グループ、その他のモードを定義する 3桁の8進数の文字列。ディレクトリにのみ適用します。デフォルトは、755 です。Ant 1.5.2 より No

fullpath 属性は、1つのファイルのみで表されるファイルセットの場合に設定できます。prefixfullpath 属性は、同じファイルセットで両方ともに設定できません。

src 属性を使用するときに、include や exclude パターンは dir 属性と同様に、アーカイブ内に含めるための zip ファイルの部分集合を定義するために使います。

Examples

  <zip destfile="${dist}/manual.zip">
<zipfileset dir="htdocs/manual" prefix="docs/user-guide"/>
<zipfileset dir="." includes="ChangeLog27.txt" fullpath="docs/ChangeLog.txt"/>
<zipfileset src="examples.zip" includes="**/*.html" prefix="docs/examples"/>
</zip>

htdocs/manual ディレクトリにあるすべてのファイルを、アーカイブの docs/user-guide ディレクトリ内に圧縮し、カレントディレクトリにある ChangeLog27.txt ファイルを docs/ChangeLog.txt として加え、 example.zip 内のすべての html ファイルを docs/examples の下に 含めます。このアーカイブは、最終的にこのようなファイルが含まれるでしょう:

docs/user-guide/html/index.html
docs/ChangeLog.txt
docs/examples/index.html

Copyright © 2003-2004 The Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注: これは浦本 和則が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば、 report@jajakarta.orgに送って下さい。]