Tempfileタスク
このタスクは、一時ファイルの名称をプロパティに設定します。
Apache Ant
 
説明
このタスクでは、 一時ファイルの名称をプロパティに設定します。 一時ファイルを作成する Java1.2 のメソッドとは異なり、 Java1.1 でも動作します。 これは、実際には一時ファイルを作らずに、 このタスクが実行された時に、 その一時ファイルが無いことを保証するものです。

<tempfile property="temp.file" />
一時ファイルの作成
<tempfile property="temp.file" suffix=".xml" />
create a temporary file with the .xml suffix. 後ろが.xmlの一時ファイルの作成
<tempfile property="temp.file" destDir="build"/>
サブディレクトリ内に一時ファイルの作成
 
パラメータ
属性 説明 必要条件
property 割り当てたい一時ファイル String 必須
destdir 一時ファイルが置かれるディレクトリ。設定されない場合、ベースディレクトリが使われる File オプション
prefix 一時ファイルの頭につける String
suffix 一時ファイルの尾につける String
 
ネストされた要素のパラメータ

Copyright © 2000-2003, Apache Software Foundation

[訳注:これは漆島賢二の訳を参考に、横田聡が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]