Get

Description

説明

Gets a file from a URL. When the verbose option is "on", this task displays a '.' for every 100 Kb retrieved. Any URL schema supported by the runtime is valid here, including http:, ftp: and jar:; https: is only valid if the appropriate support is added to the pre-1.4 Java runtimes.

URLからファイルを取得します。 verbose オプションが "on" の場合、 100Kb 取り込む毎に '.' を表示します。 http:、ftp:、jar:など、 実行環境がサポートする全てのURLスキーマが使用可能です。 Java 1.4 以前では、https:は、適切にHTTPSをサポートするよう設定されている場合にのみ有効です。

This task should be preferred above the CVS task when fetching remote content. CVS is significantly slower than loading a compressed archive compared to http/ftp.

リモートコンテンツを取り込む場合には、 このタスクはCVSタスクよりも優れています。 CVSは、HTTPやFTPと比べて圧縮アーカイブをロードするのがかなり遅いです。

The usetimestamp option enables you to control downloads so that the remote file is only fetched if newer than the local copy. If there is no local copy, the download always takes place. When a file is downloaded, the timestamp of the downloaded file is set to the remote timestamp, if the JVM is Java1.2 or later.
NB: This timestamp facility only works on downloads using the HTTP protocol.

usetimestamp オプションをつけると、 ローカルコピーが無いか、ローカルコピーよりもリモートファイルが新しい時のみダウンロードします。 JVM が Java 1.2 以降であれば、 ダウンロードしたファイルのタイムスタンプには、リモートファイルのタイムスタンプが設定されます。
重要: このタイムスタンプ機能は、HTTP プロトコルを用いてダウンロードした場合にのみ動作します。

A username and password can be specified, in which case basic 'slightly encoded plain text' authentication is used. This is only a secure authentication mechanism over an HTTPS link.

BASIC認証 ―― わずかにエンコードされたプレーンテキストによる認証 ―― が使われている場合のために、 ユーザ名とパスワードを指定することができます。 しかしこれは、HTTPS で接続されている場合にのみ安全な認証メカニズムです。

If you need to go through a firewall, use <setproxy> to set up the proxy first.

ファイヤウォールを超える必要がある場合は、まず <setproxy> を使ってプロキシの設定をしてください。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
src the URL from which to retrieve a file. Yes
dest the file where to store the retrieved file. Yes
verbose show verbose progress information ("on"/"off"). No; default "false"
ignoreerrors Log errors but don't treat as fatal. No; default "false"
usetimestamp conditionally download a file based on the timestamp of the local copy. HTTP only No; default "false"
username username for 'BASIC' http authentication if password is set
password password: required if username is set
属性 説明 必須
src 取得したいファイルのURL。 Yes
dest 取得したファイルを格納するファイル名。 Yes
verbose 取得状況の詳細なメッセージを表示する ("on"/"off")。 No; デフォルトは "false"
ignoreerrors エラー時にログは取るが、致命的とは扱わない。 No; デフォルトは "false"
usetimestamp ローカルコピーのタイムスタンプを見て、必要ならダウンロードする。HTTP のみ No; デフォルトは "false"
username HTTPの、BASIC認証のユーザ名。 password が設定された場合は Yes
password 必要となるパスワード。 username が設定された場合は Yes

Examples

  <get src="http://ant.apache.org/" dest="help/index.html"/>

Gets the index page of http://ant.apache.org/, and stores it in the file help/index.html.

http://jakarta.apache.org/ のインデックスページを取得し、 help/index.htmlというファイルに保存します。

  <get src="http://www.apache.org/dist/ant/KEYS"
    dest="KEYS"
    verbose="true"
    usetimestamp="true"/>

Gets the PGP keys of Ant's (current and past) release managers, if the local copy is missing or out of date. Uses the verbose option for progress information.

ローカルコピーが無いか、古い場合、 AntリリースマネージャのPGPキーを取得します。 取得状況を見るため、verbose オプションを指定しています。

  <get src="https://insecure-bank.org/statement/user=1214"
    dest="statement.html"
    username="1214";
    password="secret"/>

Fetches some file from a server with access control. Because https is being used the fact that basic auth sends passwords in plaintext is moot.

アクセス制限のあるサーバーからファイルを取得します。 HTTPSが使われていますが、ベーシック認証ではパスワードをほぼ平文で送る点については、議論の余地があります。


Copyright © 2000-2004 The Apache Software Foundation. All rights Reserved.
[訳注:これは漆島賢二の訳を参考に、的場が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]