Ear

説明

結果としてエンタープライズアプリケーションアーカイブ(EAR)となるファイルのための、 特別な処理を持ったJar タスクの拡張です。

(ear タスクは、EAR ファイルの固有な配置を与えるためのショートカットです。 zip あるいは jar タスクの zipfileset の prefix 及び fullpath 属性を使えば、 同じことができます。)

ear タスクでは、zip タスクより(prefixfullpath及びsrc属性を持たせた)拡張された zipfileset 要素が利用可能です。

パラメータ

属性 説明 必須
destfile 生成する ear ファイル Yes
appxml (META-INF/application.xml)で使うための配布記述 Yes、updateがtrueに設定されない限り
basedir jarファイルがあるディレクトリ No
compress データを保存するだけでなく、圧縮します。デフォルトでは true。 keepcompression属性をfalseに設定しない限り、 これは、更新時に追加したファイルだけでなく、 全体のアーカイブに適用される。 No
keepcompression 既存のアーカイブからのエントリ(ネスとされたzipfilesetや更新するアーカイブ)は、 compress属性を本来は使わずに、圧縮状態を保持する。 デフォルトはfalse Ant 1.6から No
encoding アーカイブ中のファイル名で使われる文字エンコーディング。 デフォルトはUTF8。 生成されたアーカイブが、Java 以外ではほとんど読めなくなるかもしれないので、この値を変更することは勧めない No
filesonly ファイルエントリのみを保存する。デフォルトは false No
includes 入れられるファイルのパターンのカンマまたは空白文字で区切られたリスト。 省略された場合、全ファイルが入れられます。 No
includesfile ファイルの名前。 このファイルの各行は入れるファイルのパターンとして扱われます。 No
excludes 除外されるファイルのパターンのカンマあるいは空白文字で区切られたリスト。 省略された場合、(デフォルト除外ファイルを除いて)全ファイルが除外されます。 No
excludesfile ファイルの名前。 このファイルの各行は除外するファイルのパターンとして扱われます。 No
defaultexcludes デフォルト除外ファイルを使うか、使わないか指定します。 ("yes"/"no"). 省略された場合、デフォルト除外ファイルが使用されます。 No
manifest 使われるマニフェストファイル No
update indicates whether to update or overwrite the destination file if it already exists. Default is "false". No
duplicate behavior when a duplicate file is found. Valid values are "add", "preserve", and "fail". The default value is "add". No

ネストされた要素

metainf

ネストされた metainf 要素は、 ファイルセットを指定します。 このファイルセットに含まれる全てのファイルは、 ear ファイルの META-INF ディレクトリに置かれます。 このファイルセットが MANIFEST.MF という名前のファイルを含んだ場合、 ファイルは無視され、警告が表示されます。

    <ear destfile="${build.dir}/myapp.ear" appxml="${src.dir}/metadata/application.xml">
      <fileset dir="${build.dir}" includes="*.jar,*.war"/>
    </ear>

Copyright © 2001-2004 The Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二の訳を参考に、横田聡が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]