Basename

説明

与えられたファイル名の basename を判定するためのタスク。 オプションにより、与えられた拡張子を取り除きます。

このタスクが実行される際に、 指定されたプロパティを与えられたファイルの最後の path 要素の値に設定します。 file がディレクトリの場合、 basename は最後のディレクトリ要素になります。 file が、絶対パスや相対パスや、単にファイル名であった場合、 basename は単にディレクトリ要素を除いたファイル名となります。

パラメータ

属性 説明 必須
file basenameを取り出すパス Yes
property 結果を設定するプロパティ名 Yes
suffix 結果の basename から取り除く拡張子 ("." はつけても、つけなくてもよい) No

Examples

  <basename property="jar.filename" file="${lib.jarfile}"/>

lib.jarfile が、 絶対パスファイル名として (例えば/usr/local/lib/myjar.jar)、または、 相対パスファイル名として (例えば lib/myjar.jar)、または、 単にファイル名として (例えば myjar.jar) 定義されていた場合、 これにより、 プロパティ名 jar.filename に対し、 myjar.jar が設定されます。

  <basename property="cmdname" file="D:/usr/local/foo.exe" suffix=".exe"/>

これは cmdnamefoo に設定します。

  <property environment="env"/>
  <basename property="temp.dirname" file="${env.TEMP}"/>

これにより temp.dirnameは、 TEMP 環境変数で定義されたパスの最後のディレクトリ要素に設定されます。


Copyright © 2002,2004 The Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]