Running Ant

Ant の実行

Command Line

コマンドライン

If you've installed Ant as described in the Installing Ant section, running Ant from the command-line is simple: just type ant.

Antのインストールで述べたように Ant をインストールしたら、 Ant をコマンドラインから実行するのはとても簡単です: 単にantと入力するだけです。

When no arguments are specified, Ant looks for a build.xml file in the current directory and, if found, uses that file as the build file and runs the target specified in the default attribute of the <project> tag. To make Ant use a build file other than build.xml, use the command-line option -buildfile file, where file is the name of the build file you want to use.

引数が指定されなかった場合、 Ant はカレントディレクトリの build.xml ファイルを探し、あれば、 それをビルドファイルとして使い、 <project>タグの default 属性で指定されたターゲットを実行します。 Ant でbuild.xmlでないビルドファイルを使うには、 -buildfile file コマンドラインオプションを使います。 ここで、file は使いたいビルドファイル名です。

If you use the -find [file] option, Ant will search for a build file first in the current directory, then in the parent directory, and so on, until either a build file is found or the root of the filesystem has been reached. By default, it will look for a build file called build.xml. To have it search for a build file other than build.xml, specify a file argument. Note: If you include any other flags or arguments on the command line after the -find flag, you must include the file argument for the -find flag, even if the name of the build file you want to find is build.xml.

-find [file] オプションを使った場合、 最初に Ant はカレントディレクトリでビルドファイルを探し、 次に親ディレクトリで探し、順次その上をビルドファイルが見つかるか、 ファイルシステムのルートに到達するまで探します。 デフォルトでは、 build.xml以外のビルドファイルを探させる場合には、 ファイル引数を指定します。 注意: コマンドラインで -findフラグの後ろに 何か別のフラグまたは引数をつけた場合、 探したいファイルがbuild.xmlだったとしても、 -findのためにファイル引数をつけなければなりません。

You can also set properties on the command line. This can be done with the -Dproperty=value option, where property is the name of the property, and value is the value for that property. If you specify a property that is also set in the build file (see the property task), the value specified on the command line will override the value specified in the build file. Defining properties on the command line can also be used to pass in the value of environment variables - just pass -DMYVAR=%MYVAR% (Windows) or -DMYVAR=$MYVAR (Unix) to Ant. You can then access these variables inside your build file as ${MYVAR}. You can also access environment variables using the property task's environment attribute.

コマンドラインでプロパティも設定できます。 これは、 -Dproperty=value オプションでできます。 ここで、propertyはプロパティ名であり、 valueはプロパティの値です。 す。 ビルドファイルでも設定されているプロパティを指定した場合 (property タスクをご覧ください) コマンドラインで指定された値は、 ビルドファイルで指定した値を上書きします。 コマンドラインでのプロパティ指定は環境変数の値を渡すのにも使われます。- - 単に -DMYVAR=%MYVAR% (Windows) や -DMYVAR=$MYVAR (Unix) を Ant に渡せばよいのです。 そうすれば、これらの変数は自分のビルドファイルから ${MYVAR} としてアクセスできます。 環境変数は property タスクの environment 属性を使ってもアクセスできます。

Options that affect the amount of logging output by Ant are: -quiet, which instructs Ant to print less information to the console; -verbose, which causes Ant to print additional information to the console; and -debug, which causes Ant to print considerably more additional information.

Antのログの出力量に影響するオプションは次の通りです: -quiet はコンソールに少ない情報を出すように指示します; -verbose は Ant が付加的な情報をコンソールに出力するようにします; そして、 -debug は Ant が、より多くの付加的な情報を出力するようにします。

It is also possible to specify one or more targets that should be executed. When omitted, the target that is specified in the default attribute of the project tag is used.

実行されるターゲットを一つ以上指定することも可能です。 省略された場合、 projectタグの default属性で指定されたターゲットが使われます。

The -projecthelp option prints out a list of the build file's targets. Targets that include a description attribute are listed as "Main targets", those without a description are listed as "Subtargets", then the "Default" target is listed.

-projecthelp オプションは、 そのビルドファイルのターゲットの一覧を出力します。 description属性のあるターゲットは "メインターゲット"として一覧表示され、 descriptionが無いものは "サブターゲット"として一覧表示され、 そして、"デフォルト"ターゲットが表示されます。

Command-line Options Summary

ant [options] [target [target2 [target3] ...]]
オプション/Options:
  -help                  このメッセージの表示/print this message
  -projecthelp           プロジェクトヘルプ情報の表示/print project help information
  -version               バージョン情報の表示と終了/print the version information and exit
  -quiet                 さらにメッセージを少なく/be extra quiet
  -verbose               さらにメッセージを多く/be extra verbose
  -debug                 デバッグ情報の表示/print debugging information
  -emacs                 装飾無しのログ情報の生成/produce logging information without adornments
  -logfile <file>        ログを指定ファイルに出力/write logging output to given file
  -logger <classname>    ログ生成を実行するためのクラス/the class that is to perform logging
  -listener <classname>  プロジェクトリスナーとしてclassnameのインスタンスを追加/add an instance of classname as a project listener
  -buildfile <file>      指定されたビルドファイルの使用/use given build file
  -D<property>=<value>   指定されたプロパティの値の使用/use value for given property
  -propertyfile <file>   全てのプロパティをfileからロード(-D より前に)/load all properties from file (with -D taking precedence)
  -inputhandler <class>  入力リクエストを扱うクラス/the class that will handle input requests
  -find [<file>]         build.xmlかfileをファイルシステムのルートに向かい検索/search for build.xml, or file, towards the root of the
                         filesystem

For more information about -logger and -listener see Loggers & Listeners.

-logger および -listener についての詳しい情報は ロガーとリスナーをご覧ください。

For more information about -inputhandler see InputHandler.

-inputhandlerの詳しい情報については InputHandlerをご覧ください。

Examples

ant

runs Ant using the build.xml file in the current directory, on the default target.

これはカレントディレクトリにあるbuild.xml を用いてデフォルトターゲットに対し Ant を実行します。

ant -buildfile test.xml

runs Ant using the test.xml file in the current directory, on the default target.

これはカレントディレクトリにあるtest.xml を用いてデフォルトターゲットに対し Ant を実行します。

ant -buildfile test.xml dist

runs Ant using the test.xml file in the current directory, on the target called dist.

これはカレントディレクトリにあるtest.xml を用いてdistという名前のターゲットに対し Ant を実行します。

ant -buildfile test.xml -Dbuild=build/classes dist

runs Ant using the test.xml file in the current directory, on the target called dist, setting the build property to the value build/classes.

これはカレントディレクトリにあるtest.xml を用いてdistという名前のターゲットに対し buildプロパティに値 build/classes を設定して Ant を実行します。

Files

ファイル

The Ant wrapper script for Unix will source (read and evaluate) the file ~/.antrc before it does anything. On Windows, the Ant wrapper batch-file invokes %HOME%\antrc_pre.bat at the start and %HOME%\antrc_post.bat at the end. You can use these files, for example, to set/unset environment variables that should only be visible during the execution of Ant. See the next section for examples.

Unix 用 Ant ラッパースクリプトでは、 何かする前に ~/.antrcファイルをソース(読み込み、および評価)します。 Windows では、 Ant ラッパーバッチファイルは、 起動直後に %HOME%\antrc_pre.bat を実行し、終了前に %HOME%\antrc_post.bat を実行します。 例えば、これらのファイルを、 Ant の実行中のみ参照可能な環境変数を設定/設定解除するのに使えます。 次の節で例を示します。

Environment Variables

環境変数

The wrapper scripts use the following environment variables (if set):

ラッパースクリプトは(設定されていれば)次の環境変数を使います:

Running Ant via Java

Java による Ant の実行

If you have installed Ant in the do-it-yourself way, Ant can be started with:

Ant を自分でコンパイルしてインストールした場合、 Ant は次のように起動できます:

java -Dant.home=c:\ant org.apache.tools.ant.Main [options] [target]

These instructions actually do exactly the same as the ant command. The options and target are the same as when running Ant with the ant command. This example assumes you have set your classpath to include:

次の指示は実際に、antコマンドと全く同じです。 オプションとターゲットは、 antコマンドにより Ant を実行する時と同じです。 この例では、以下をインクルードするためにクラスパスが設定されていると仮定します:



Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば こちらに送ってください]