プラットホームの問題/Platform Issues

Unix

Microsoft Windows

Windows 9x (win95, win98, win98SE and winME) has a batch file system which does not work fully with long file names, so we recommend that ant and the JDK are installed into directories without spaces, and with 8.3 filenames. The Perl and Python launcher scripts do not suffer from this limitation.

Windows 9x (win95, win98, win98SE および winME) では、 長いファイル名を完全にサポートしていないため、 Ant および JDK を、空白文字を含まずファイル名が 8+3 文字ディレクトリにインストールすることを推奨します。 Perl や Python ランチャースクリプトは、この制限の影響を受けません。

All versions of windows are usually case insensitive, although mounted file systems (Unix drives, Clearcase views) can be case sensitive underneath, confusing patternsets.

マウントしたファイルシステム(Unix ドライブ, Clearcase view)が大文字小文字を区別しているにも関らず、全てのバージョンの Windows は通常大文字小文字を区別せず、 パターンセットの際に混乱します。

Ant can often not delete a directory which is open in an Explorer window. There is nothing we can do about this short of spawning a program to kill the shell before deleting directories.

Explorer ウィンドウで開かれたディレクトリは、 Ant ではしばしば削除することができません。 ディレクトリを削除する前に、 エクスプローラのシェルプロセスを殺すプログラムを起動する以外は、 これについて、何もできることがありません。

Apple MacOS X

MacOS X is the first of the Apple platforms that Ant supports completely; it is treated like any other Unix.

MacOS X は、 Ant が完全にサポートした最初の Apple プラットフォームです: これは他の Unix と同様に扱われます。

Novell Netware

To give the same level of sophisticated control as Ant's startup scripts on other platforms, it was decided to make the main ant startup on NetWare be via a Perl Script, "runant.pl". This is found in the bin directory (for instance - bootstrap\bin or dist\bin).

他のプラットホーム上の Ant の起動スクリプトと同じくらい洗練された制御ができるように、Perl スクリプト "runant.pl" により、 NewWare 上での Ant メインスタートアップにしようと決めました。 これは bin ディレクトリにあります。 (例えば、bootstrap\bin あるいは dist\bin)。

One important item of note is that you need to set up the following to run ant:

注意すべき重要な事柄の一つは、 Ant を実行するには次のような設定が必要だということです:

It is suggested that you create up an ant.ncf that sets up these parameters, and calls perl ANT_HOME/dist/bin/runant.pl

これらのパラメータを設定したant.ncfを作成し、 perl ANT_HOME/dist/bin/runant.plを呼び出すことを推奨します。

The following is an example of such an NCF file(assuming ant is installed in 'sys:/jakarta-ant/'):

次に、そのような NCF ファイルの例を示します。 (Ant が'sys:/jakarta-ant/'にインストールされていると仮定します):

   envset CLASSPATH=SYS:/jakarta-ant/bootstrap/lib/ant.jar
   envset CLASSPATH=$CLASSPATH;SYS:/jakarta-ant/lib/xercesImpl.jar
   envset CLASSPATH=$CLASSPATH;SYS:/jakarta-ant/lib/xmlParserAPIs.jar
   envset CLASSPATH=$CLASSPATH;SYS:/jakarta-ant/lib/optional/junit.jar
   envset CLASSPATH=$CLASSPATH;SYS:/jakarta-ant/bootstrap/lib/optional.jar

   setenv ANT_OPTS=-envCWD=sys:/jakarta-ant
   envset ANT_OPTS=-envCWD=sys:/jakarta-ant
   setenv ANT_HOME=sys:/jakarta-ant/dist/lib
   envset ANT_HOME=sys:/jakarta-ant/dist/lib

   perl sys:/jakarta-ant/dist/bin/runant.pl

Ant works on JVM version 1.3 or higher. You may have some luck running it on JVM 1.2, but serious problems have been found running Ant on JVM 1.1.7B. These problems are caused by JVM bugs that will not be fixed.

JVM 1.3 is supported on Novell NetWare versions 5.1 and higher.

Ant は JVM 1.3 以上で動作します。 JVM 1.2 で動作させるには多少の運が必要かもしれません。 JVM 1.1.7B で Ant を動作させるには、 深刻な問題があることがわかっています。 これらの問題は、修正されていない JVM のバグに起因するものです。

JVM 1.3 is supported on Novell NetWare versions 5.1 and higher.

JVM 1.3 は、NetWare 5.1 以上の環境でサポートされています。

Other platforms

他のプラットホーム

Support for other platforms is not guaranteed to be complete, as certain techniques to hide platform details from build files need to be written and tested on every particular platform. Contributions in this area are welcome.

他のプラットフォームでの動作は保証されません。 プラットフォームの詳細をビルド対象のファイルから覆い隠すための 確かな方法の記述や、個々のプラットフォームでの検証がまだ必要だからです。 この部分のコード提供はいつでも大歓迎です。


Copyright © 2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば こちらに送ってください]