Introduction

はじめに

Apache Ant is a Java-based build tool. In theory, it is kind of like make, without make's wrinkles.

AntはJavaベースのビルドツールです。理論的には、makeの持っているような問題点を持たないmakeの一種です。

Why?

なぜ必要か

Why another build tool when there is already make, gnumake, nmake, jam, and others? Because all those tools have limitations that Ant's original author couldn't live with when developing software across multiple platforms. Make-like tools are inherently shell-based: they evaluate a set of dependencies, then execute commands not unlike what you would issue on a shell. This means that you can easily extend these tools by using or writing any program for the OS that you are working on; however, this also means that you limit yourself to the OS, or at least the OS type, such as Unix, that you are working on.

すでにmakeや、gnumakenmakejam などが存在するのに、なぜ別のビルドツールが必要なのでしょうか。 それは、マルチプラットフォームに対応したソフトウェア開発する時に、 これら全てのツールには、 Antのオリジナルの開発者が我慢できなかった限界があるからです。 makeのようなツールは、本質的にシェルベースです。 それらは依存関係を評価して、 シェル上で実行するのと同じように、コマンドを実行します。 これは、あなたが仕事をしているOSに対して任意のプログラムを使用したり、 書くことで、これらのツールを用意に拡張できることを意味しています。 しかし、これは同時に、自分が仕事をするOS、 あるいは少なくとも、Unix といった OS の種類を限定してしまうことも意味します。

Makefiles are inherently evil as well. Anybody who has worked on them for any time has run into the dreaded tab problem. "Is my command not executing because I have a space in front of my tab?!!" said the original author of Ant way too many times. Tools like Jam took care of this to a great degree, but still have yet another format to use and remember.

さらに、Makefileは本質的に良くありません。 それを使ったことがあるすべての人は、それがいつであっても、 やっかいなタブの問題に直面したことがあるでしょう。 "タブの前に一個の空白があったために、私のコマンドが実行されない!!!" とAntのオリジナルの著者は何度も言い続けてきました。 Jamのようなツールは、この問題を大部分解消してくれますが、 まだ別のフォーマットを使用しているので、それを覚える必要があります。

Ant is different. Instead of a model where it is extended with shell-based commands, Ant is extended using Java classes. Instead of writing shell commands, the configuration files are XML-based, calling out a target tree where various tasks get executed. Each task is run by an object that implements a particular Task interface.

しかし、Antは違います。 シェルベースのコマンドにより拡張したモデルの代わりに、 Javaクラスを使用して拡張します。 シェルコマンドを記述するかわりに、 設定ファイルは XML ベースであり、 様々な実行するタスクを記述したターゲットツリーを呼び出すのです。 それぞれのタスクは、 ある特別なTaskインターフェイスを実装したオブジェクトによって実行されます。

Granted, this removes some of the expressive power that is inherent in being able to construct a shell command such as `find . -name foo -exec rm {}`, but it gives you the ability to be cross-platform - to work anywhere and everywhere. And hey, if you really need to execute a shell command, Ant has an <exec> task that allows different commands to be executed based on the OS it is executing on.

ただし、これは`find . -name foo -exec rm {}` のような、 シェルコマンドが記述できるために得られる表現力をなくすことになりますが、 かわりにクロスプラットフォーム性が得られます。 どこでも、どんな場所でも動作するわけです。 そして、シェルコマンドを実行する必要がある場合、 Antには、 実行するOSによって異なるコマンドが実行できる <exec>タスクがあります。


Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは西野亨,漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]