Installing Ant

Ant のインストール

Getting Ant

Ant の取得

Binary Edition

バイナリ版

The latest stable version of Ant is available from the Ant web page http://ant.apache.org. If you like living on the edge, you can download the latest version from http://cvs.apache.org/builds/ant/nightly/.

Ant の最新の安定版は Ant のホームページ http://ant.apache.org より取得可能です。 先端を行くのが好きな方は、 http://cvs.apache.org/builds/ant/nightly/ より最新版がダウンロードできます。

Source Edition

ソース版

If you prefer the source edition, you can download the source for the latest Ant release from http://ant.apache.org/srcdownload.cgi. Again, if you prefer the edge, you can access the code as it is being developed via CVS. The Jakarta website has details on accessing CVS. Please checkout the jakarta-ant module. See the section Building Ant on how to build Ant from the source code. You can also access the Ant CVS repository on-line.

ソース版が欲しい場合には、 http://jakarta.apache.org/builds/ant/release/v1.4.1/src/ より Ant の最新リリースのソースがダウンロードできます。 繰り返しになりますが、先端を行きたいなら、 CVS を通じて開発されているので、コードにアクセス可能です。 Jakarta のウェブサイトで、 CVSへのアクセスについて詳しく述べています。 jakarta-ant モジュールをチェックアウトしてください。 ソースコードから Ant をビルドする方法については、 Antのビルドの節をご覧ください。 Ant CVS リポジトリオンラインにもアクセス可能です。


System Requirements

動作条件

Ant has been used successfully on many platforms, including Linux, commercial flavours of Unix such as Solaris and HP-UX, Windows 9x and NT, Novell Netware 6 and MacOS X.

Ant は、 Linux、Solaris や HP-UX といった商用 Unix、 Windows 9x および NT、Novell Netware 6 、そして MacOS X などを含む数多くのプラットフォームでうまく使われています。

To build and use Ant, you must have a JAXP-compliant XML parser installed and available on your classpath.

Ant をビルドし、使うには、 クラスパスにインストールされ、利用可能な JAXP互換のXMLパーサーが必要です。

The binary distribution of Ant includes the latest version of the Apache Xerces2 XML parser. Please see http://java.sun.com/xml/ for more information about JAXP. If you wish to use a different JAXP-compliant parser, you should remove xercesImpl.jar and xmlParserAPIs.jar from Ant's lib directory. You can then either put the jars from your preferred parser into Ant's lib directory or put the jars on the system classpath.

Ant のバイナリ版には、 Apache Xerces2 XML パーサーの最新版が含まれています。 JAXP についての詳しい情報は http://java.sun.com/xml/ をご覧ください。 JAXP 互換の別のパーサーを使いたい場合には、 Ant のlibディレクトリから xercesImpl.jar および xmlParserAPIs.jar を削除してください。 そして、 好みのパーサーからその jar ファイルを Ant の libディレクトリに置くか、 jar ファイルをシステムクラスパスに置くことができます。

For the current version of Ant, you will also need a JDK installed on your system, version 1.1 or later. Some tasks work better on post-1.1 systems; some tasks only work on Java 1.2 and successors. A future version of Ant -Ant 2.0- will require JDK 1.2 or later, though Ant 1.x strives to retain 1.1 compatibility.

Ant の現在のバージョンでは、 バージョン 1.1 以上の JDK がインストールされている必要もあります。 あるタスクは1.1以降のシステムでうまく動作します; あるタスクは Java 1.2 およびその系列でしか動きません。 Ant 1.x では 1.1 の互換性を保つよう努力し続けますが、 Ant の将来のバージョン -Ant 2.0- では JDK 1.2 以降を必要とする予定です。

Note: The Microsoft JVM/JDK is not adequate on its own, although the MS compiler is supported.

注意: MS コンパイラはサポートしていますが、 Microsoft JVM/JDK だけでは適切ではありません。

Note #2: If a JDK is not present, only the JRE runtime, then many tasks will not work.

注意 #2: JRE ランタイムのみで JDK が無い場合、多くのタスクは動作しません。


Installing Ant

Ant のインストール

The binary distribution of Ant consists of the following directory layout:

Ant のバイナリ配布版は次のようなディレクトリ構成になっています:

  ant
   +--- bin  // 起動スクリプトがあります/contains launcher scripts
   |
   +--- lib  // Ant jar と必要な依存ファイルがあります/contains Ant jars plus necessary dependencies
   |
   +--- docs // ドキュメントがあります/contains documentation
   |      +--- ant2    // Ant2 の要求仕様の簡単な説明/a brief description of ant2 requirements
   |      |
   |      +--- images  // HTMLドキュメント用の様々なロゴ/various logos for html documentation
   |      |
   |      +--- manual  // Ant のドキュメント(必ず読んでください ;-) / Ant documentation (a must read ;-)
   |
   +--- etc // 以下を行うXSLツールがあります/contains xsl goodies to:
            //   - 様々なタスクのXML出力から、より良いレポートを作成します
            //   - create an enhanced report from xml output of various tasks.
            //   - ビルドファイルを統合し、'非推奨'の警告を取り除きます
            //   - migrate your build files and get rid of 'deprecated' warning
            //   - ... さらに、他にも ;-)
            //   - ... and more ;-)

Only the bin and lib directories are required to run Ant. To install Ant, choose a directory and copy the distribution file there. This directory will be known as ANT_HOME.

Ant を実行するには bin および lib ディレクトリのみが必要となります。 インストールするには、あるディレクトリを選び、 配布ファイルをそこにコピーします。 このディレクトリは ANT_HOME となります。

Windows 95 および Windows 98 上での注意/Windows 95 and Windows 98 Note:
  On these systems, the script used to launch Ant will have problems if ANT_HOME is a long filename. This is due to limitations in the OS's handling of the "for" batch-file statement. It is recommended, therefore, that Ant be installed in a short path, such as C:\Ant.
  これらのシステム上では、 ANT_HOME が長いファイル名であった場合、 Ant を起動するのに使われるスクリプトに問題があります。 これは、 OSのバッチファイルの"for" 文の制限によるものです。 従って、Ant を C:\Ant といった 短いパスにインストールすることを推奨します。

Before you can run ant there is some additional set up you will need to do:

Ant を実行する前に、 行わなければならない幾つかの追加の設定があります:

Note: Do not install Ant's ant.jar file into the lib/ext directory of the JDK/JRE. Ant is an application, whilst the extension directory is intended for JDK extensions. In particular there are security restrictions on the classes which may be loaded by an extension.

注意: Ant の ant.jar ファイルを JDK/JRE の lib/ext ディレクトリにインストールしないでください。 Ant はアプリケーションですが、 extension ディレクトリは JDK の拡張機能のためのものだからです。 特に、拡張によりロードされるクラスにはセキュリティ上の制限があります。

Optional Tasks

オプションタスク

Ant supports a number of optional tasks. An optional task is a task which typically requires an external library to function. The optional tasks are packaged separately from the core Ant tasks. This package is available in the same download directory as the core ant distribution. The current jar containing optional tasks is named jakarta-ant-1.4.1-optional.jar. This jar should be downloaded and placed in the lib directory of your Ant installation.

Ant は幾つかのオプションタスクをサポートしています。 オプションタスクは典型的には機能させるのに外部ライブラリを必要とするタスクです。 オプションタスクは Ant のコアタスクと分けてパッケージされています。 このパッケージは Ant のコア配布と同じダウンロードディレクトリより取得可能です。 オプションタスクが含まれている現在の jar ファイルは jakarta-ant-1.4.1-optional.jarという名前です。 この jar ファイルをダウンロードし、 Ant をインストールした lib ディレクトリに置かなければなりません。

The external libraries required by each of the optional tasks is detailed in the Library Dependencies section. These external libraries may either be placed in Ant's lib directory, where they will be picked up automatically, or made available on the system CLASSPATH environment variable.

個々のオプションタスクで必要となる外部ライブラリは ライブラリ依存関係の節で詳しく述べられています。 これらの外部ライブラリは自動的に取り出される Ant の lib ディレクトリに置くか、 システム環境変数CLASSPATH で利用できるようにします。

Windows

Assume Ant is installed in c:\ant\. The following sets up the environment:

Ant が c:\ant\ にインストールされているとして、 次の環境(変数)を設定します:

set ANT_HOME=c:\ant
set JAVA_HOME=c:\jdk1.2.2
set PATH=%PATH%;%ANT_HOME%\bin

Unix (bash)

Assume Ant is installed in /usr/local/ant. The following sets up the environment:

Ant が/usr/local/antにインストールされているとして、 次の環境(変数)を設定します:

export ANT_HOME=/usr/local/ant
export JAVA_HOME=/usr/local/jdk-1.2.2
export PATH=${PATH}:${ANT_HOME}/bin

Unix (csh)

setenv ANT_HOME /usr/local/ant
setenv JAVA_HOME /usr/local/jdk-1.2.2
set path=( $path $ANT_HOME/bin )

Advanced

上級者向け

There are lots of variants that can be used to run Ant. What you need is at least the following:

Ant を実行するのにはいろんな方法があります。 最低限必要な事は次の通りです:

The supplied ant shell scripts all support an ANT_OPTS environment variable which can be used to supply extra options to ant. Some of the scripts also read in an extra script stored in the users home directory, which can be used to set such options. Look at the source for your platform's invocation script for details.

提供されるAnt のシェルスクリプトは全て Ant にさらにオプションを与えるのに使える環境変数 ANT_OPTSをサポートします。 スクリプトの一部には、 ユーザのホームディレクトリにある、 そのようなオプションを設定するのに使われる外部スクリプトを読み込むものもあります。 詳しくは、 自分のプラットフォームの起動スクリプトのソースをご覧ください。


Building Ant

Ant のビルド

To build Ant from source, you can either install the Ant source distribution or checkout the jakarta-ant module from CVS.

Ant をソースからビルドするには、 Ant ソース配布版をインストールするか、 CVS から jakarta-ant モジュールをチェックアウトすることもできます。

Once you have installed the source, change into the installation directory.

ソースをインストールしたら、インストールディレクトリに移動します。

Set the JAVA_HOME environment variable to the directory where the JDK is installed. See Installing Ant for examples on how to do this for your operating system.

環境変数 JAVA_HOME を JDK がインストールされたディレクトリに設定します。 自分のオペレーティングシステムで、 これを行う方法についての例は Ant のインストールをご覧ください。

Make sure you have downloaded any auxiliary jars required to build tasks you are interested in. These should either be available on the CLASSPATH or added to the lib directory. See Library Dependencies for a list of jar requirements for various features. Note that this will make the auxiliary jars available for the building of Ant only. For running Ant you will still need to make the jars available as described under Installing Ant.

自分の興味のあるタスクをビルドするのに必要な追加の jar をダウンロードしたか確認します。 これらは、CLASSPATH 上に置くか、 libディレクトリに追加することで利用可能となります。 様々な機能で必要となる jar の一覧は ライブラリ依存関係をご覧ください。 この(作業は)追加の jar ファイルを Ant のビルドで利用可能にするだけであることに注意してください。 Ant を実行するには、 Ant のインストールで述べられている事に従って jar を利用可能にする必要があります。

Your are now ready to build Ant:

ここで、Ant をビルドする準備が整いました:

build -Ddist.dir=<directory_to_contain_Ant_distribution> dist    (Windows)

build.sh -Ddist.dir=<directory_to_contain_Ant_distribution> dist    (Unix)

This will create a binary distribution of Ant in the directory you specified.

これにより、指定したディレクトリに Ant のバイナリ配布版を生成します。

The above action does the following:

上の操作は次のことを行います:

On most occasions you will not need to explicitly bootstrap Ant since the build scripts do that for you. If however, the build file you are using makes use of features not yet compiled into the bootstrapped Ant, you will need to manually bootstrap. Run bootstrap.bat (Windows) or bootstrap.sh (UNIX) to build a new bootstrap version of Ant.

多くの場合は、 ビルドスクリプトが行ってくれるので、 明示的に Ant をブートストラップを行う必要は無いでしょう。 しかしながら、 使っているビルドファイルが、ブートストラップされた Ant でまだコンパイルされていない機能を使用する場合、 マニュアルでブートストラップする必要があります。 Ant のブートストラップ版をビルドするには、 bootstrap.bat (Windows) あるいは bootstrap.sh (UNIX) を実行します。

If you wish to install the build into the current ANT_HOME directory, you can use:

現在のANT_HOMEにビルドされたものをインストールしたい場合には、 次が使えます:

build install    (Windows)

build.sh install    (Unix)

You can avoid the lengthy Javadoc step, if desired, with:

必要ならば、時間のかかる javadoc 生成ステップを省略することができます:

build install-lite    (Windows)

build.sh install-lite    (Unix)

This will only install the bin and lib directories.

これは bin および lib ディレクトリのみをインストールします。

Both the install and install-lite targets will overwrite the current Ant version in ANT_HOME.

install および install-lite ターゲットは両方とも ANT_HOMEにある現在のバージョンの Ant を上書きします。


Library Dependencies

ライブラリ依存関係

The following libraries are needed in your CLASSPATH or in the install directory's lib directory if you are using the indicated feature. Note that only one of the regexp libraries is needed for use with the mappers. You will also need to install the Ant optional jar containing the task definitions to make these tasks available. Please refer to the Installing Ant / Optional Tasks section above.

次に示される機能を使う場合には、 次のライブラリが クラスパス、あるいは、インストールディレクトリ中の libディレクトリに必要です。 mapper で使用するためには、regexp ライブラリがたった一つのみ必要であるということに注意してください。 また、 これらのタスクを利用可能にするには、そのタスクの定義が入っている Ant オプション jar ファイルをインストールする必要があります。 上述のAnt のインストール中の、 オプションタスクを参照してください。

Jar Name Needed For Available At
Jar ファイル名 必要とするタスク 配布場所
Xalan や XSL:P といったXSL 変換 /An XSL transformer like Xalan or XSL:P style タスク /style task Xalan は http://xml.apache.org/xalan-j/index.html にあります。
XSL:P は http://www.clc-marketing.com/xslp/ にありましたが、 リンクは無効になっており、 代替サイトはもはやわかりません。 / http://xml.apache.org/xalan-j/index.html for Xalan.
XSL:P used to live at http://www.clc-marketing.com/xslp/, but the link doesn't work any longer and we are not aware of a replacement site.
jakarta-regexp-1.2.jar mapper のある正規表現タイプのタスク / regexp type with mappers jakarta.apache.org/regexp/
jakarta-oro-2.0.4.jar mapper のある正規表現タイプのタスクおよび、 止むを得ないタスク / regexp type with mappers and the perforce tasks jakarta.apache.org/oro/
junit.jar junit タスク / junit tasks www.junit.org
xalan.jar junitreport タスク / junitreport task xml.apache.org
stylebook.jar stylebook task CVS repository of xml.apache.org
testlet.jar test タスク / test task java.apache.org/framework
antlr.jar antlr タスク / antlr task www.antlr.org
bsf.jar script タスク / script task oss.software.ibm.com/developerworks/projects/bsf
netrexx.jar netrexx タスク / netrexx task www2.hursley.ibm.com/netrexx
js.jar script タスクで javascript を使う場合 / javascript with script task www.mozilla.org/rhino
jpython.jar scriptタスクでpythonを使う場合 / python with script task www.jpython.org
jacl.jar および tcljava.jar script タスクで TCL を使う場合 / TCL with script task www.scriptics.com/java
BeanShell JAR script タスクで BeanShell を使う場合 / BeanShell with script task www.beanshell.org
netcomponents.jar ftp および telnet タスク / ftp and telnet tasks www.savarese.org/oro/downloads
bcel.jar classfileset データ型で必要。 ClassConstants フィルターリーダーで使われ、 時には依存関係判定のため ejbjar で使われる、 JavaClassHelper で必要。 / classfileset data type, JavaClassHelper used by the ClassConstants filter reader and optionally used by ejbjar for dependency determination jakarta.apache.org/bcel/
mail.jar MIME エンコーディングを使う mail タスク、および mimemail タスク / Mail task with Mime encoding, and the MimeMail task http://java.sun.com/products/javamail/
activation.jar MIME エンコーディングを使う mail タスク、および mimemail タスク / Mail task with Mime encoding, and the MimeMail task http://java.sun.com/products/javabeans/glasgow/jaf.html
jdepend.jar jdepend task http://www.clarkware.com/software/JDepend.html


Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば こちらに送ってください]