FileSet

FileSets are groups of files. These files can be found in a directory tree starting in a base directory and are matched by patterns taken from a number of PatternSets. FileSets can appear inside tasks that support this feature or at the same level as target - i.e., as children of project.

fileset はファイルの集合です。 これらのファイルは、 ベースディレクトリをトップとするディレクトリツリーで見つかる、 幾つかのパターンセットから得られたパターンにマッチしたファイルです。 ファイルセットは この機能をサポートするタスクの中か、 targetと同じレベル、 即ちprojectの子要素として置かれます。

PatternSets can be specified as nested <patternset> elements. In addition, FileSet holds an implicit PatternSet and supports the nested <include>, <includesfile>, <exclude> and <excludesfile> elements of PatternSet directly, as well as PatternSet's attributes.

パターンセットはネストされた <patternset>要素として指定されます。 それに加え、ファイルセットには、 暗黙的なパターンセットがあり、 パターンセットの属性と同様、 パターンセットの <include><includesfile><exclude>および<excludesfile>の要素を直接ネストするのをサポートしています。

Attribute Description Required
dir the root of the directory tree of this FileSet. Yes
defaultexcludes indicates whether default excludes should be used or not (yes | no); default excludes are used when omitted. No
includes comma- or space-separated list of patterns of files that must be included; all files are included when omitted. No
includesfile the name of a file; each line of this file is taken to be an include pattern. No
excludes comma- or space-separated list of patterns of files that must be excluded; no files (except default excludes) are excluded when omitted. No
excludesfile the name of a file; each line of this file is taken to be an exclude pattern. No
casesensitive Must the file system be treated in a case sensitive way? Defaults to true. No
followsymlinks Shall symbolic links be followed? Defaults to true. See below. No
属性 説明 必須
dir このファイルセットのディレクトリツリーのルート Yes
defaultexcludes デフォルト除外パターンを使うかどうか指定します。 (yes | no); 省略された場合デフォルト除外パターンは使われます。 No
includes カンマあるいは空白で区切られた含められるファイルのパターンのリスト; 省略された場合全てのファイルが含められる。 No
includesfile ファイルの名前; このファイルの各行が includes パターンとして扱われる No
excludes カンマあるいは空白で区切られた除外するファイルのパターンのリスト; 省略された場合、(デフォルト除外ファイルを除き)何も除外しない。 No
excludesfile ファイルの名前; このファイルの各行が excludes パターンとして扱われる No
casesensitive ファイルシステムを大文字小文字を区別せず扱うか。 デフォルトは true No
followsymlinks シンボリックリンクに従うか。 デフォルトは true。 後述をご覧ください。 No

Note: All files/directories for which the canonical path is different from its path are considered symbolic links. On Unix systems this usually means the file really is a symbolic links but it may lead to false results on other platforms.

注意: 正規のパスがそのパスと異なるような全てのファイルやディレクトリは、 シンボリックリンクと見なされます。 Unix システムでは、これは通常、 実際にはそのファイルがシンボリックリンクであることを意味しますが、 別のプラットフォームではこれは違ったものとなることに注意してください。

Examples

<fileset dir="${server.src}" casesensitive="yes" >

  <include name="**/*.java"/>
  <exclude name="**/*Test*"/>
</fileset>

Groups all files in directory ${server.src} that are Java source files and don't have the text Test in their name.

${server.src}ディレクトリにある、 Java ソースファイルで、名前に Test の文字列を含まない全てのファイルのグループ

<fileset dir="${server.src}" casesensitive="yes" >
  <patternset id="non.test.sources" >

    <include name="**/*.java"/>
    <exclude name="**/*Test*"/>
  </patternset>
</fileset>

Groups the same files as the above example, but also establishes a PatternSet that can be referenced in other <fileset> elements, rooted at a different directory.

上と同じですが、他の <fileset> で参照して、 違うディレクトリをルートとできるよう、 PatternSet を構築しています。

<fileset dir="${client.src}" >
  <patternset refid="non.test.sources"/>

</fileset>

Groups all files in directory ${client.src}, using the same patterns as the above example.

上の例と同じパターンを用いた、 ${client.src} ディレクトリにある全てのファイルのグループ


Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]