Tempfile

Description

説明

This task sets a property to the name of a temporary file. Unlike the Java1.2 method to create a temporary file, this task does work with Java1.1. It does not actually create the temporary file, but it does guarantee that the file did not exist when the task was executed.

このタスクでは、 一時ファイルの名称をプロパティに設定します。 一時ファイルを作成する Java1.2 のメソッドとは異なり、 Java1.1 でも動作します。 これは、実際には一時ファイルを作らずに、 このタスクが実行された時に、 その一時ファイルが無いことを保証するものです。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
destdir The directory the temporary file should be located in. If not set, the current directory is used. No
prefix A prefix for the temporary file name. No
property The name of the property to set with the value of the temporary file name. Yes
suffix A suffix for the temporary file name. No
属性 説明 必須
destdir 一時ファイルが置かれるディレクトリ。 設定されない場合、カレントディレクトリが使われる No
prefix 一時ファイルのプリフィックス No
property 一時ファイル名を値として設定するプロパティの名前 Yes
suffix 一時ファイルの拡張子 No

Examples

  <tempfile property="temp.file"/>
will set temp.file to the name of a new temporary file.
これにより、新しい一時ファイル名を temp.fileに設定します。
  <tempfile property="temp.file" suffix=".xml"/>
will set temp.file to the name of a new temporary file with a suffix of .xml.
これにより .xml という拡張子のついた新しい一時ファイルの名前が temp.fileに設定されます。
  <tempfile property="temp.file" destdir="build"/>
will set temp.file to the name of a new temporary file located in the build sub-directory.
これにより、buildサブディレクトリの新しい一時ファイルの名称を temp.fileに設定します。

Copyright © 2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]