Manifest

Description

説明

Creates a manifest file.

マニフェストファイルの生成

This task can be used to write a Manifest file, optionally replacing or updating an existing file.

このタスクは、マニフェストファイルを書き出すのに使われます。 オプションとして、既存のファイルを置き換えたり、 更新したりできます。

Manifests are processed according to the Jar file specification.. Specifically, a manifest element consists of a set of attributes and sections. These sections in turn may contain attributes. Note in particular that this may result in manifest lines greater than 72 bytes being wrapped and continued on the next line.

マニフェストは、 Jar ファイル仕様書に従って処理されます。 特に、マニフェストファイルの要素は、 属性と節の集まりにより構成されています。 これらの節は、順次、属性を持つことがあります。 特に、これは、 72 バイトよりも大きいマニフェストの1行は、 折り返され、次の行に続くことに注意してください。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
file the manifest-file to create/update. Yes
mode One of "update" or "replace", default is "replace". No
属性 説明 必須
file 生成/更新するマニフェストファイル Yes
mode "update"か"replace"のいずれか。デフォルトは"replace" No

Nested elements

ネストされる要素

attribute

One attribute for the manifest file. Those attributes that are not nested into a section will be added to the "Main" section.

マニフェストファイルのための一つの属性。 section にネストされていない attribute は全て、 "Main" section に追加されます。

Attribute Description Required
name the name of the attribute. Yes
value the value of the attribute. Yes
属性 説明 必須
name 属性名 Yes
value 属性値 Yes

section

A manifest section - you can nest attribute elements into sections.

マニフェストのセクション - section 中に、attribute要素をネストできます。

Attribute Description Required
name the name of the section. No, if omitted it will be assumed to be the main section.
属性 説明 必須
name section の名前 No、 省略された場合、main section であると仮定されます

Examples

  <manifest file="MANIFEST.MF">
    <attribute name="Built-By" value="${user.name}"/>
    <section name="common">
      <attribute name="Specification-Title" value="Example" />
      <attribute name="Specification-Version" value="${version}" />
      <attribute name="Specification-Vendor" value="Example Organization" />
      <attribute name="Implementation-Title" value="common" />
      <attribute name="Implementation-Version" value="${version} ${TODAY}" /> 
      <attribute name="Implementation-Vendor" value="Example Corp." />
    </section>
    <section name="common/class1.class">
      <attribute name="Sealed" value="false"/>
    </section>
  </manifest>

Creates or replaces the file MANIFEST.MF. Note that the Built-By attribute will take the value of the Ant property ${user.name}. The same is true for the ${version} and ${TODAY} properties. This example produces a MANIFEST.MF that contains package version identification for the package common.

MANIFEST.MFファイルを生成あるいは、置き換えます。 Built-By 属性は、${user.name} Ant プロパティの値を取ることに注意してください。 ${version} や ${TODAY}についても同じことがいえます。 この例では、 common パッケージのための パッケージバージョンを識別番号が入っている、 MANIFEST.MF を生成します。

The manifest produced by the above would look like this:

上により生成されたマニフェストは次のようになります:

Manifest-Version: 1.0
Built-By: bodewig
Created-By: Apache Ant 1.5alpha

Name: common
Specification-Title: Example
Specification-Vendor: Example Organization
Implementation-Vendor: Example Corp.
Specification-Version: 1.1
Implementation-Version: 1.1 February 19 2002
Implementation-Title: common

Name: common/class1.class
Sealed: false


Copyright © 2001-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]