Delete

Description

説明

Deletes a single file, a specified directory and all its files and subdirectories, or a set of files specified by one or more FileSets. When specifying a set of files, empty directories are not removed by default. To remove empty directories, use the includeEmptyDirs attribute.

一つのファイル、指定されたディレクトリ、その内部のすべてのファイルとサブディレクトリ、1つ以上の FileSet によって指定されたファイルのセットを削除します。 ファイルのセットを指定する場合、デフォルトでは空のディレクトリは削除されません。 空のディレクトリを削除するためには、 includeEmptyDirs 属性を使用してください。

If you use this task to delete temporary files created by editors and it doesn't seem to work, read up on the default exclusion set in Directory-based Tasks, and see the defaultexcludes attribute below.

もしエディタによって作成されたテンポラリファイルを削除するためにこのタスクを使用し、それが動作していないような場合は、 Directory-based Tasks 内の default exclusion set をよく読んで、以下の defaultexcludes 属性を参照してください。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
file The file to delete, specified as either the simple filename (if the file exists in the current base directory), a relative-path filename, or a full-path filename. At least one of the two, unless a <fileset> is specified.
dir The directory to delete, including all its files and subdirectories.
Note: dir is not used to specify a directory name for file; file and dir are independent of each other.
WARNING: Do not set dir to ".", "${basedir}", or the full-pathname equivalent unless you truly intend to recursively remove the entire contents of the current base directory (and the base directory itself, if different from the current working directory).
verbose Show the name of each deleted file ("true"/"false"). Default is "false" when omitted. No
quiet If the specified file or directory does not exist, do not display a diagnostic message (unless Ant has been invoked with the ‑verbose or ‑debug switches) or modify the exit status to reflect an error. When set to "true", if a file or directory cannot be deleted, no error is reported. This setting emulates the -f option to the Unix rm command. Default is "false". Setting this to "true" implies setting failonerror to "false". No
failonerror Controls whether an error (such as a failure to delete a file) stops the build or is merely reported to the screen. Only relevant if quiet is "false". Default is "true". No
includeEmptyDirs Set to "true" to delete empty directories when using filesets. Default is "false". No
includes Deprecated. Use <fileset>. Comma- or space-separated list of patterns of files that must be deleted. All files are relative to the directory specified in dir. No
includesfile Deprecated. Use <fileset>. The name of a file. Each line of this file is taken to be an include pattern No
excludes Deprecated. Use <fileset>. Comma- or space-separated list of patterns of files that must be excluded from the deletion list. All files are relative to the directory specified in dir. No files (except default excludes) are excluded when omitted. No
excludesfile Deprecated. Use <fileset>. The name of a file. Each line of this file is taken to be an exclude pattern No
defaultexcludes Indicates whether default excludes should be used or not ("yes"/"no"). Default excludes are used when omitted. No
属性 説明 必須
file 削除するファイルです。単純なファイル名(ファイルが現在のベースディレクトリに存在する場合)、相対パスのファイル名、またはフルパスのファイル名、のいずれかを指定します。 <fileset> が指定されていない場合、2つのうち少なくとも1つが必要。
dir 削除するディレクトリです。ディレクトリ内のファイルとサブディレクトリをすべて含みます。
注意: dirfile のディレクトリ名を指定するためには使用されません; filedir は互いに独立しています。
警告:もしあなたが本当に現在のベースディレクトリの全ての内容(と、ベースディレクトリが現在の作業ディレクトリと異なる場合は、ベースディレクトリ自身)を再帰的に削除するつもりでなければ、dir".""${basedir}" 、またはそれに相当するフルパス名をセットしないで下さい。
verbose 削除された各ファイルの名前を表示します ("true"/"false" で指定します)。 省略した場合のデフォルトは "false" です。 No
quiet 指定されたファイルやディレクトリが存在しない場合、原因のメッセージを表示しません (Antが ‑verbose‑debug スイッチを付けて起動されていなければ)。 またはエラーが返ってきた場合の exit ステータスを変更します。 "true" にセットした場合、ファイルやディレクトリが削除できなかった場合は、 エラーを表示しません。 このセッティングは、 Unix の rm コマンドの -f オプションをエミュレートします。 デフォルトは "false" です。 このパラメータを "true" にセットすると、 failonerror パラメータは暗に "false" にセットされます。 No
failonerror エラー(ファイルの削除失敗のような)が発生した時、ビルドを止めるか単にスクリーンに表示するかどうかコントロールします。 quiet が "false" の場合のみ関係があります。 デフォルトは "true" です。 No
includeEmptyDirs fileset を使用している場合、"true" にセットすると、空のディレクトリを削除します。 デフォルトは "false" です。 No
includes 非推奨です。 <fileset> を使用して下さい。 カンマかスペースで句切られた、削除するファイルのパターンのリストです。 すべてのファイルは dir で指定したディレクトリに依存します。 No
includesfile 非推奨です。 <fileset> を使用して下さい。 ファイル名を指定します。 指定したファイルの各行は包含パターンとして解釈されます。 No
excludes 非推奨です。 <fileset> を使用して下さい。 カンマかスペースで句切られた、削除リストから除外するファイルのパターンのリストです。 すべてのファイルは dir で指定したディレクトリに依存します。 省略した場合、(デフォルト除外ファイル以外の)どのファイルも除外されません。 No
excludesfile 非推奨です。 <fileset> を使用して下さい。 ファイル名を指定します。 指定したファイルの各行は除外パターンとして解釈されます。 No
defaultexcludes デフォルト除外集合を使用するかどうか("yes"/"no")を示します。省略した場合、デフォルト除外集合が使用されます 。 No

Examples

  <delete file="/lib/ant.jar"/>

deletes the file /lib/ant.jar.

/lib/ant.jar を削除します。

  <delete dir="lib"/>

deletes the lib directory, including all files and subdirectories of lib.

lib ディレクトリを削除します。 lib ディレクトリ内のすべてのファイルとサブディレクトリを含みます。

  <delete>
    <fileset dir="." includes="**/*.bak"/>
  </delete>

deletes all files with the extension .bak from the current directory and any subdirectories.

現在のディレクトリとそのサブディレクトリの拡張子が .bak のファイルを全て削除します。

  <delete includeEmptyDirs="true" >
    <fileset dir="build" />
  </delete>

deletes all files and subdirectories of build, including build itself.

build ディレクトリ内のすべてのファイルとサブディレクトリを全て削除します。 build 自身も含みます。


Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは高崎 俊史が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]