Chmod

Description

説明

Changes the permissions of a file or all files inside specified directories. Right now it has effect only under Unix. The permissions are also UNIX style, like the argument for the chmod command.

一つのファイルや、指定されたディレクトリ中の全てのファイルのパーミッションを変更します。 これからは、Unix 上でのみ効果があります。パーミッションもまた、 chmod コマンドの引数のような UNIX 形式です。

See the section on directory based tasks, on how the inclusion/exclusion of files works, and how to write patterns.

ファイルの選択および除外の仕組みや、 パターンの書き方については、 ディレクトリベースのタスクの節をご覧ください。

This task holds an implicit FileSet and supports all of FileSet's attributes and nested elements directly. More FileSets can be specified using nested <fileset> elements.

このタスクには暗黙的なファイルセットがあり、ファイルセットの全ての属性、および、 ネストされる要素を直接サポートしています。 <fileset> 要素をネストすることにより、 さらにファイルセットを指定することができます。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
file the file or single directory of which the permissions must be changed. exactly one of the two or nested <fileset> elements.
dir the directory which holds the files whose permissions must be changed.
perm the new permissions. Yes
includes comma- or space-separated list of patterns of files that must be included. No
excludes comma- or space-separated list of patterns of files that must be excluded. No files (except default excludes) are excluded when omitted. No
defaultexcludes indicates whether default excludes should be used or not ("yes"/"no"). Default excludes are used when omitted. No
parallel process all specified files using a single chmod command. Defaults to true. No
type One of file, dir or both. If set to file, only the permissions of plain files are going to be changed. If set to dir, only the directories are considered. No, default is file
属性 説明 必須
file パーミッションが変更されるべきファイルや一つのディレクトリ 正確に2つのうちの1つか、あるいは、 <fileset>要素をネストする
dir パーミッションが変更されるべきファイルがあるディレクトリ
perm 新しいパーミッション Yes
includes カンマあるいは空白文字で区切られた選択するファイルのパターンのリスト No
excludes カンマあるいは空白文字で区切られた除外するファイルのパターンのリスト。 省略された場合(デフォルト除外ファイルを除き)何も除外されません。 No
defaultexcludes デフォルトの除外ファイルを使うかどうかを示す。 ("yes"/"no") 省略された場合、デフォルト除外ファイルが使用されます。 No
parallel 指定された全てのファイルを一回の chmod コマンドで処理するか。 デフォルトは true No
type filedirbothのいずれか。 file に設定された場合、 プレーンファイルのパーミッションのみが変更されます。 dirに設定された場合、 ディレクトリだけが対象となります。 No、デフォルトはfile

Examples

<chmod file="${dist}/start.sh" perm="ugo+rx"/>

makes the "start.sh" file readable and executable for anyone on a UNIX system.

この例ではファイル"start.sh"を、 UNIXシステム上で全ての人に読み取り、実行可能にします。

    <chmod dir="${dist}/bin" perm="ugo+rx" includes="**/*.sh"/>

makes all ".sh" files below ${dist}/bin readable and executable for anyone on a UNIX system.

この例では${dist}/binの下にある全ての".sh" ファイルを、UNIXシステム上で全ての人に読み取り、実行可能にします。

<chmod perm="g+w">
  <fileset dir="shared/sources1">
    <exclude name="**/trial/**"/>
  </fileset>
  <fileset refid="other.shared.sources"/>
</chmod>

makes all files below shared/sources1 (except those below any directory named trial) writable for members of the same group on a UNIX system. In addition all files belonging to a FileSet with id other.shared.sources get the same permissions.

shared/sources1以下の (trialという名前の全てのディレクトリの下にあるファイルを除いて) 全てのファイルをUNIXシステム上で、同じグループのメンバーに対し書き込み可能にします。 それに加え、 idother.shared.sourcesで参照されるファイルセットに属する全てのファイルも同じパーミッションにします。


Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]