CvsChangeLog

Description

説明

Generates an XML-formatted report file of the change logs recorded in a CVS repository.

CVSリポジトリ中に記録されている変更履歴のXML形式のレポートファイルを生成します。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
dir The directory from which to run the CVS log command. No; defaults to ${basedir}.
destfile The file in which to write the change log report. Yes
usersfile Property file that contains name-value pairs mapping user IDs and names that should be used in the report in place of the user ID. No
daysinpast Sets the number of days into the past for which the change log information should be retrieved. No
start The earliest date from which change logs are to be included in the report. No
end The latest date to which change logs are to be included in the report. No
属性 説明 必須
dir CVS log コマンドを実行するディレクトリ No; defaults to ${basedir}.
destfile 変更履歴レポートを書き出すファイル Yes
usersfile レポート中のユーザIDの場所で使われるユーザIDと名前をマッピングする名前と値の組が入っているファイルを表すプロパティ No
daysinpast 更新履歴情報が取り出されてから何日たったか、 その日数を設定する No
start レポート中に入れる変更履歴の開始日 No
end レポート中に入れる変更履歴の終了日 No

Parameters specified as nested elements

ネストされる要素として指定されるパラメータ

user

The nested <user> element allows you to specify a mapping between a user ID as it appears on the CVS server and a name to include in the formatted report. Anytime the specified user ID has made a change in the repository, the <author> tag in the report file will include the name specified in displayname rather than the user ID.

<user>要素をネストすることにより、 CVS サーバー上で現れるユーザIDとのマッピング、および、 フォーマットされたレポートに含まれる名前を指定できます。 リポジトリにおいて、指定されたユーザIDが変更されたらいつでも、 レポートファイルの<author>タグが ユーザIDではなく、 displaynameで指定された名前を入れるでしょう。

Attribute Description Required
displayname The name to be used in the CVS change log report. Yes
userid The userid of the person as it exists on the CVS server. Yes
属性 説明 必須
displayname CVS 変更履歴のレポートで使われる名前 Yes
userid CVSサーバーに存在する人のユーザID Yes

Examples

  <cvschangelog dir="dve/network"
                destfile="changelog.xml"
  />

Generates a change log report for all the changes that have been made under the dve/network directory. It writes these changes into the file changelog.xml.

dve/networkディレクトリ以下で行われた全ての変更の変更履歴レポートを作成します。 これらの変更をファイルchangelog.xmlに出力します。

  <cvschangelog dir="dve/network"
                destfile="changelog.xml"
                daysinpast="10"
  />

Generates a change log report for any changes that were made under the dve/network directory in the past 10 days. It writes these changes into the file changelog.xml.

過去10日間にdve/networkディレクトリ以下で行われた全ての変更の変更履歴レポートを作成します。 これらの変更をファイルchangelog.xmlに出力します。

  <cvschangelog dir="dve/network"
                destfile="changelog.xml"
                start="20 Feb 2002"
                end="20 Mar 2002"
  />

Generates a change log report for any changes that were made between February 20, 2002 and March 20, 2002 under the dve/network directory. It writes these changes into the file changelog.xml.

2002年2月20日から2002年3月20日までに、 dve/networkディレクトリ以下で行われた全ての変更の変更履歴レポートを作成します。 これらの変更をファイルchangelog.xmlに出力します。

  <cvschangelog dir="dve/network"
                destfile="changelog.xml"
                start="20 Feb 2002"
  />

Generates a change log report for any changes that were made after February 20, 2002 under the dve/network directory. It writes these changes into the file changelog.xml.

2002年2月20日以降 dve/networkディレクトリ以下で行われた全ての変更の変更履歴レポートを作成します。 これらの変更をファイルchangelog.xmlに出力します。

  <cvschangelog dir="dve/network"
                destfile="changelog.xml"/>
       <user displayname="Peter Donald" userid="donaldp"/>
  </cvschangelog>

Generates a change log report for all the changes that were made under the dve/network directory, substituting the name "Peter Donald" in the <author> tags anytime it encounters a change made by the user ID "donaldp". It writes these changes into the file changelog.xml.

dve/networkディレクトリ以下で行われた全ての変更の変更履歴レポートを、 ユーザID "donaldp" により行われた変更であったらいつでも <author>タグにおいて名前を"Peter Donald"に置き換えながら作成します。 これらの変更をファイルchangelog.xmlに出力します。

Generate Report

レポートの生成

Ant includes a basic XSLT stylesheet that you can use to generate a HTML report based on the xml output. The following example illustrates how to generate a HTML report from the XML report.

Ant にはXML 出力に基いた HTML レポートを生成sるうために使われる基本的な XSLT スタイルシートが入っています。 次の例では、XML レポートから HTML レポートを作る方法について説明します。

        <style in="changelog.xml" 
               out="changelog.html" 
               style="${ant.home}/etc/changelog.xsl">
          <param name="title" expression="Ant ChangeLog"/>
          <param name="module" expression="jakarta-ant"/>
          <param name="cvsweb" expression="http://cvs.apache.org/viewcvs/"/>
        </style>

Sample Output

出力例

<changelog>
  <entry>
    <date>2002-03-06</date>
    <time>12:00</time>
    <author>Peter Donald</author>
    <file>
      <name>org/apache/myrmidon/build/AntlibDescriptorTask.java</name>
      <revision>1.3</revision>
      <prevrevision>1.2</prevrevision>
    </file>
    <msg><![CDATA[Use URLs directly rather than go via a FIle.

This allows temp[lates to be stored inside jar]]></msg>
  </entry>
</changelog>

Copyright © 2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは漆島賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]