Apply/ExecOn

The name execon is deprecated and only kept for backwards compatibility.

execon という名称は非推奨です。これは過去のバージョンとの互換性のためだけに残っています。

Description

説明

Executes a system command. When the os attribute is specified, then the command is only executed when Ant is run on one of the specified operating systems.

システムのコマンドを実行します。 os 属性が指定される場合、 Ant が指定されたオペレーティングシステムのうちの1つで実行される場合、コマンドが単に実行されます。

The files and/or directories of a number of FileSets are passed as arguments to the system command.

多くの FileSets のファイルおよび(または)ディレクトリはシステムコマンドに引数として渡されます。

If you specify a nested mapper and the dest attribute, the timestamp of each source file is compared to the timestamp of a target file which is defined by the nested mapper element and searched for in the given dest.

あなたがネストされた mapper および dest 属性を指定すれば、 各ソースファイルのタイムスタンプが、ネストされた mapper 要素によって定義されたターゲットファイルのタイムスタンプと比較され、 与えられた dest の中を探索します。

At least one fileset is required, and you must not specify more than one mapper.

少なくとも一つのファイルセットが要求されます。また、1つを越える mapper を指定してはなりません。

Parameters

パラメータ

Attribute Description Required
executable the command to execute without any command line arguments. Yes
dest the directory where the <apply> expects the target files will be placed by the command, when it is executed. Yes, if you specify a nested mapper
dir the directory in which the command should be executed. No
relative whether the filenames should be passed on the command line as absolute or relative pathnames (relative to the base directory of the corresponding fileset for source files or the dest attribute for target files). No, default is false
os list of Operating Systems on which the command may be executed. No
output the file to which the output of the command should be redirected. No
outputproperty the name of a property in which the output of the command should be stored. No
timeout Stop the command if it doesn't finish within the specified time (given in milliseconds). No
failonerror Stop the buildprocess if the command exits with a returncode other than 0. No
skipemptyfilesets Don't run the command, if no source files have been found or are newer than their corresponding target files. No, default is false
parallel Run the command only once, appending all files as arguments. If false, command will be executed once for every file. Defaults to false. No
type One of file, dir or both. If set to file, only the names of plain files will be sent to the command. If set to dir, only the names of directories are considered. No, default is file
newenvironment Do not propagate old environment when new environment variables are specified. No, default is false
vmlauncher Run command using the Java VM's execution facilities where available. If set to false the underlying OS's shell, either directly or through the antRun scripts, will be used. Under some operating systems, this gives access to facilities not normally available through the VM including, under Windows, being able to execute scripts, rather than their associated interpreter. If you want to specify the name of the executable as a relative path to the directory given by the dir attribute, it may become necessary to set vmlauncher to false as well. No, default is true
属性 説明 必須
executable コマンドライン引数なしで実行するコマンドです。 Yes
dest <apply> が実行されるとき、コマンドで指定した、ターゲットファイルが置いてあると期待されるディレクトリです。 ネストされた mapper を指定する場合、 Yes
dir コマンドが実行されるディレクトリです。 No
relative コマンドラインに渡されるファイル名が絶対パス名か相対パス名か(ソース・ファイルのファイルセットに対応するベースディレクトリへの相対。またはターゲットファイルの dest 属性の相対)。 No。デフォルトは false
os コマンドが実行されるオペレーティングシステムのリストです。 No
output コマンドの出力がリダイレクトされるファイルです。 No
outputproperty コマンドの出力が格納されるプロパティ名です。 No
timeout 指定された時間内に終了しない場合は、コマンドを止めます(ミリ秒で与えます)。 No
failonerror コマンドが 0 以外のリターンコードで終了する場合は、ビルドプロセスを止めます。 No
skipemptyfilesets ソースファイルが見つからないか、対応するターゲットファイルより新しい場合は、コマンドを実行しません。 No。デフォルトは false
parallel 引数としてファイルをすべて追加して、コマンドを一度だけ実行します。 false の場合、コマンドはすべてのファイルに対して一度ずつ実行されます。 デフォルトは false です。 No
type file, dir または both のどれか一つを指定します。 file をセットすると、ファイル名だけがコマンドに送られます。 dir をセットすると、ディレクトリ名だけが考慮されます。 No。デフォルトは file
newenvironment 新しい環境変数が指定された場合、古い環境変数を伝えません。 No。デフォルトは false
vmlauncher 利用可能な Java VM の実行機能を用いてコマンドを実行します。 false に設定された場合、直接、あるいは antRun スクリプトにより、OS 上のシェルが使われます。 これにより、一部の OS では、通常はVMから利用できない機能にアクセスできるようになります。 Windows では、割り当てられているインタプリタを実行するのではなく、スクリプトを実行できるようになります。 実行ファイルの名前を dir 属性により与えられるディレクトリの相対パスで指定したい場合には、vmlauncher もまた false に設定する必要があります。 No。デフォルトは true

Parameters specified as nested elements

ネストされた要素として指定されるパラメータ

fileset

You can use any number of nested <fileset> elements to define the files for this task and refer to <fileset>s defined elsewhere.

このタスク用のファイルを定義するために、ネストされた <fileset> 要素をいくつでも使用することができます。 また、任意の場所で定義された <fileset> を参照することができます。

arg

Command line arguments should be specified as nested <arg> elements. See Command line arguments.

コマンドライン引数はネストされた <arg> 要素として指定されます。 コマンドライン引数を見て下さい。

srcfile

By default the file names of the source files will be added to the end of the command line. If you need to place it somewhere different, use a nested <srcfile> element between your <arg> elements to mark the insertion point.

デフォルトでは、ソースファイルのファイル名はコマンドラインの最後に加えられます。 それをどこか別の位置へ置く必要がある場合、 挿入ポイントをマークするために <arg> 要素の間でネストされた <srcfile> 要素を使用します。

targetfile

<targetfile> is similar to <srcfile> and marks the position of the target filename on the command line. If omitted, the target filenames will not be added to the command line at all. This element can only be specified, if you also define a nested mapper and the dest attribute.

<targetfile><srcfile> に似ていて、コマンドライン上のターゲットファイル名の位置をマークします。 もし省略されれば、ターゲットファイル名はコマンドラインに全く加えられません。 さらに、あなたがネストされた mapper および dest 属性を定義すれば、この要素は単に指定することができます。

env

It is possible to specify environment variables to pass to the system command via nested <env> elements. See the description in the section about exec

ネストされた <env> 要素によってシステムコマンドへ渡す環境変数を指定することが可能です。 exec セクションで説明を参照してください。

Examples

<apply executable="ls" >
  <arg value="-l"/>
  <fileset dir="/tmp">
    <patternset>
      <exclude name="**/*.txt"/>
    </patternset>
  </fileset>
  <fileset refid="other.files"/>
</apply>

invokes ls -l, adding the absolute filenames of all files below /tmp not ending in .txt and all files of the FileSet with id other.files to the command line.

/tmp より下のすべての .txt で終わるファイル以外の絶対ファイル名と idother.files である FileSet のすべてのファイルを引数に加えて、ls -l を起動します 。

<apply executable="somecommand" parallel="false" >
  <arg value="arg1"/>
  <srcfile/>
  <arg value="arg2"/>
  <fileset dir="/tmp"/>
</apply>

invokes somecommand arg1 SOURCEFILENAME arg2 for each file in /tmp replacing SOURCEFILENAME with the absolute filename of each file in turn. If parallel had been set to true, SOURCEFILENAME would be replaced with the absolute filenames of all files separated by spaces.

/tmp の中の全てのファイルについて、 SOURCEFILENAME を各ファイルの絶対ファイル名に順番に置き換えて somecommand arg1 SOURCEFILENAME arg2 を起動します。 parallelを true にセットしていれば、 SOURCEFILENAME は、スペースで区切られたすべてのファイルの絶対ファイル名に置き換えられます。

<apply executable="cc" dest="src/C" parallel="false">
  <arg value="-c"/>
  <arg value="-o"/>
  <targetfile/>
  <srcfile/>
  <fileset dir="src/C" includes="*.c"/>
  <mapper type="glob" from="*.c" to="*.o"/>
</apply>

invokes cc -c -o TARGETFILE SOURCEFILE for each .c file that is newer than the corresponding .o, replacing TARGETFILE with the absolute filename of the .o and SOURCEFILE with the absolute name of the .c file.

TARGETFILE を .o ファイルの絶対ファイル名に置き換え、 SOURCEFILE を .c ファイルの絶対ファイル名に置き換え、 対応する .o より新しい .c ファイル全てについて、 cc -c -o TARGETFILE SOURCEFILE を起動します。


Copyright © 2000-2002 Apache Software Foundation. All rights Reserved.

[訳注:これは高崎 俊史, 漆島 賢二が翻訳しました。日本語訳に対するコメントがあれば report@jajakarta.orgに送ってください]